「義母と娘のブルース」キャスト(出演者一覧) 脚本は森下佳子さん TBS系列7月10日(火)午後10時放送開始。主題歌はMISIAとGReeeeN

母と娘0

スポンサーリンク

TBS系列ドラマ「義母と娘のブルース」キャスト・出演者一覧リストです。

出演者

【義母と娘のブルース・順不同・敬称略】

岩木亜希子(いわきあきこ)⇒綾瀬はるか(あやせあるか)
<主人公:仕事一筋のキャリアウーマン。良一にプロポーズされる>

宮本 良一(みやもとりょういち)⇒竹野内 豊(たけのうちゆたか)
<子持ちのサラリーマン.包容力があり癒し系。>

麦田 章(むぎたあきら)⇒佐藤 健(さとうたける)
<亜希子&良一家族に波乱と奇跡を起こす人物>  

宮本みゆき (みやもとみゆき)⇒横溝菜帆(よこみぞなほ)<良一の娘。8歳>

宮本みゆき(みやもと みゆき⇒上白石萌歌(かみしらいしもか) <良一の娘。高校生>

黒田大樹(くろだひろき)⇒井之脇海(いのわきかい)
<みゆきの幼馴染。喧嘩別れした後もみゆきを陰で支えてきた>

黒田大樹(くろだひろき)⇒大智(だいち)
<みゆきのクラスメイト>

友井 智善(ともいともよし)⇒川村陽介(かわむらようすけ)<麦田の友人>

西条 乙女(さいじょうおとめ)⇒橋本真実(はしもとまみ)
<みゆきの通う学童保育の職員>

猪本 寧々(いのもとねね)⇒真凛(まりん)<良一の部下で既婚者>

宮本 愛(みやもとあい)⇒奥山佳恵(おくやまよしえ)
<良一の他界した妻でみゆきの実母>

田口 朝正(たぐちともまさ)⇒浅利陽介(あさりようすけ)<亜希子の部下>

前原大輔(まえはらだいすけ)
⇒村本大輔 (むらもとだいすけ)(ウーマンラッシュアワー)<亜希子の部下>

笠原 廣之進(かさはらひろのしん)⇒浅野和之(あさのかずゆき)
<良一の上司>

下山 和子(しもやまかずこ)⇒麻生祐未(あそうゆみ)
<不動産屋。世話焼きの噂好き>

矢野晴美(やのはるみ)⇒奥貫 薫(おくぬきかおる)
<みゆきが通う小学校のPTAリアルママ>

小杉朋子(こすぎともこ)⇒春日井静奈(かすがいせいな)
<みゆきが通う小学校のPTAリアルママ>

本谷律子(もとやりつこ)⇒山口香緒里(やまぐち かおり)
<みゆきが通う小学校のPTAリアルママ>

今井園子(いまいそのこ)⇒西尾まり(にしおまり)
<みゆきが通う小学校のPTAリアルママ>

麦田章の父(むぎたあきらのちち)⇒宇梶剛士(うかじたかし)
<麦田章の父。職人気質で厳格な父。>

ユナ(ゆな)⇒水谷果穂(みずたにかほ)
<みゆきの親友>

リポーター⇒川田裕美(かわたひろみ)
<ベーカリー麦田を取材するテレビのリポーター>

謎の美女(なぞのびじょ)⇒中村アン(なかむらあん)
<麦田の知人の怪しげな美女>

原作:4コマ漫画 「義母と娘のブルース」(ぶんか社刊)、桜沢鈴さん
脚本:森下佳子(もりしたよしこ)
(引用元:「義母と娘のブルース」公式サイトより)

【作品の紹介】
綾瀬はるかが、初めての義母役に挑戦するそうです。
「戦国部長」の異名を持つバリキャリのやり手キャリアウーマンが、
娘を持つ男性からプロポーズをされ結婚し、
仕事一辺倒だった今までとは全く異なり、未踏の育児や家事と悪戦苦闘しながらも
一生懸命に奔走し、家族との絆をはぐくみ、
義母と娘の成長と愛を描く10年間の物語、だそうです。

(追記)
主題歌が決まりました。
歌手の「MISIA」さんと音楽グループ「GReeeeN」が
コラボすることになりました。
楽曲「アイノカナチfeat.HIDE(GReeeeN」です。
「GReeeeN」が作詞・作曲し、メンバーのHIDEさんがコーラスとして参加します。
アレンジは音楽プロデューサーの亀田誠治さんです。
なお、この主題歌のシングルリリースは2018年8月22日(水)とのことです。
(追記はここまで)



【脚本は森下佳子さん】
昨年のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の脚本を手掛けた森下さんが担当します。
TBSの紹介の処であのドラマ名がないのですが、
「私を離さないで」(2016年1月ー3月、TBS)の脚本も手掛けております。
私の中では名作となっております。
だって、直親役の三浦春馬さんもこの
「わたしを離さないで」に出ているのですよ。
その作品から私も直親役にリンクしていったのです。
局は違えど、その時の共演者である
水川あさみさんも同時期の他局のドラマに出演されます。
NHK総合の「透明なゆりかご」です。
2018年7月20日(金)22時放送開始予定です。
放送は2018年7月10日(火)午後10時からです。
みゆき役の横溝菜帆さんは、
NHKドラマ「精霊の守り人」で綾瀬はるかさん演じるバルサの幼少期を演じていました。
【第1回あらすじ】
数年前に母親を亡くし、
父親の良一 (竹野内豊) と父一人子一人で生きてきた宮本みゆき。
そんな彼女の前にある一人のキャリアウーマンが現れる。
彼女の名前は岩木亜希子 。
業界トップシェアの金属会社・光友金属の営業部長を務める彼女は、
みゆきの新しい義母になる女性であった。
そんな亜希子とみゆきの初対面の日。
亜希子はみゆきに名刺を差し出し、
「私、このような者にございます」 と挨拶するが、みゆきは 「私、この人嫌い」と一蹴。
「初手の5分で心をつかめなければ、そのプレゼンは失敗です」
謎の封筒を置いて帰ってしまう亜希子。
亜希子が来ることを聞かされていなかったみゆきは良一をギロリ。
慌てふためく良一はみゆきを必死に説得するが逆に言い負かされてしまう。
亜希子の義母としての初陣は、あえなく惨敗に終わるのだった。
しかし、“戦国部長” の異名を持つ亜希子は、このままでは終わらない。
百戦錬磨のビジネス経験を活かし、
みゆきの心をつかもうとありとあらゆる策を練る。
児童心理学の書籍を読み漁り、
みゆきを知る人間に片っ端からリサーチをかける。
会社の後輩・田口朝正 をも巻き込み、
とっておきの作戦を立てる。
一方、下山不動産の噂好きおばちゃん・下山和子に、
「再婚は早いのでは?」
と釘を刺されてしまう良一だが亜希子への想いを語る。
みゆきの牙城を崩すためのヒントをもらおうと下山の元を訪れる亜希子。
「あんたの味方はできないよ。私はみゆきちゃんの味方」
と言い張る下山に亜希子は?
その頃、光友金属を訪れていたバイク便の青年・麦田 に荷物を託す田口。
威勢よく飛び出し行く麦田にどこか違和感を覚える田口。
この違和感は、後にとんでもない被害に発展するのであった。
果たして亜希子は、みゆきに受け入れられるのだろうか !?
義母として、認められるのだろうか !?
(引用元:「義母と娘のブルース」公式サイトより)



いやあ、TBSさんの本気モードが感じられる公式サイトです。
7月開始のドラマの公式サイトの充実ぶりは
他のドラマでは見られません。
いつも思うのですが、
火曜日22時のおもなターゲットの年齢層が見えません・・・。
40代から50代前半とその子供たちの世代で良いのでしょうか?
ちなみに、私の子供の友達も「花晴れ」は見ている子が結構多いそうです。
花のち晴れ〜花男 Next Season〜第10回はあの果し合いへ。第9回の感想はタコパ女子会サイコー!
公式サイトでは今後10年間の物語、とあるので、
娘の高校卒業辺りまで描くのでしょうね。
これは楽しみですし、綾瀬はるかの役どころがまっすぐでこれまたいいですね。
物語は「義母と娘」ですが、
「実母と娘」に置き換えても十分に共感できると思いますし、
「実母」でないだけにその距離感がどのような作用を及ぼすのか楽しみです。
実母とではなかなか出せない良い意味での「客観性」が見えそうなので、
これは大いに参考に出来そうです。
そして、原作で気がかりなのは、再婚をした理由の一つに
父親自身の病魔が挙げられていました。
とうことは、途中で父親も退場し、思春期まっただ中の娘は、
義母と二人きりの日々を送ることになるのでしょうか・・。
原作では、そうした生活のエピソードもあります・・・。
それだけで何だか泣けてしまう・・・。
とにかく、7月開始のドラマの中で、
期待値マックスのドラマになりそうです。
私の中では「透明なゆりかご」と並んでいます。
なので、やっぱり「わたしを離さないで」につながっていくのでした・・。

第1回です⇓⇓
義母と娘のブルース第2回は亜希子と良一の結婚理由が判明?第1回は滋賀県のアスレチック。

第2回です⇓⇓
義母と娘のブルース第3回はPTAリアルママとの戦闘開始?第2回はスーパーにお買い物♪

第3回です⇓⇓
義母と娘のブルース第4回は亜希子と良一の結婚の目的がみゆき目線でわかる?第3回はあっぱれ亜希子さん、ママ友できた。

第4回です⇓⇓
義母と娘のブルース第5回は良一さんが入院、そして?第4回は、結婚理由を視聴者に報告、でした。

第5回です⇓⇓
義母と娘のブルース第6回はみゆき高校3年生。第5回は家族の絆は、未来へ繋ぎます。

第6回です⇓⇓
義母と娘のブルース第7回は再建も受験もツライよ。第6回はみゆき面影ある、でした。

第7回です⇓⇓
義母と娘のブルース第8回はお店も麦田も新装開店?第7回は親子による究極土下座、でした!!

第8回です⇓⇓
義母と娘のブルース第9回麦田、告白!?その時亜希子は?第8回は何度も見たくたる内容で奇跡の集大成、でした!

第9回です⇓⇓
義母と娘のブルース第10回(最終回)亜希子・みゆき・麦田・大樹の10年間の想いは原作をも超える?第9回は麦田告白する、でした。

「この世界の片隅に」キャスト。7月15日(日)TBS系列21時放送開始。初回は25分拡大、脚本は岡田惠和さん。
金曜ドラマ「チア☆ダン」キャストTBS系列7月13日(金)22時放送開始!
「サバイバル・ウエディング」キャスト日テレ系7月14日(土)午後10時放送開始。
「高嶺の花」キャスト日テレ系7月11日(水)午後10時放送開始・脚本は野島伸司氏。
「健康で文化的な最低限度の生活」主要キャスト紹介、フジ系火曜7月17日から午後9時放送
NHKドラマ10「透明なゆりかご」放送はNHK総合7月20日(金)午後10時から!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

関連記事

  1. 花晴6 花のち晴れ〜花男 Next Season〜第7回は新展開なのか?…
  2. 瀬戸内海の島 歴代NHK大河ドラマと私。2020年決定!「麒麟が来る」明智光秀…
  3. 義母と娘3 義母と娘のブルース第3回はPTAリアルママとの戦闘開始?第2回は…
  4. 義母と娘5 義母と娘のブルース第5回は良一さんが入院、そして?第4回は、結婚…
  5. 片隅5 この世界の片隅に第5回は、戦時下ですが揺れる想い?第4回は物資も…
  6. 義母と娘10 義母と娘のブルース第10回(最終回)亜希子・みゆき・麦田・大樹の…
  7. ケンカツ9 健康で文化的な最低限度の生活第9回少女の未来と搾取する親。第8回…
  8. 片隅4 この世界の片隅に第4回は、友情を育むその女性は?第3回は女性達の…

カテゴリー

人気記事一覧

  1. チアダン6
  2. 匂い消し
  3. 赤い革靴
  4. スケート光
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PAGE TOP