透明なゆりかご第5回は「14歳の妊娠」そして・・第4回は夫を選ぶ本当の条件、でした。

透明なゆりかご5

スポンサーリンク

透明なゆりかご」の第回は2018年8月17日(金)NHK総合 毎週金曜 夜10時からの放送予定です。
【再放送】総合 2018年8月22日(水)午前1時30分(火曜深夜)です。

主要キャストの記事はこちらからどうぞ⇓⇓
NHKドラマ10「透明なゆりかご」放送はNHK総合7月20日(金)午後10時から!

次回は、かつて民放の放送局でドラマにもなった
「14歳の妊娠」ですが、お話の内容は全然違います。
そして、設定も原作では、主人公の友人関係ですが、
このドラマでは、回想・・ということになるのでしょうか?
で、14歳、中学生で妊娠してしまうことは、
決してフィクションではなく、
しかも増加しているのだそうです。
まだまだ成長過程にある14歳での妊娠のリスクは高く、
今回の母体の危機の様になってしまう事も少なくないそうです。
まして、人生設計において、
最も自分自身のことを
第一に優先する時に母親になってしまうので、
自分自身の未来は一度お預けとなります。
そんな多大なリスクを背負いながらも
産むことを選択するのです・・・。

【第5回のあらすじ】
ある日アオイは、自分の後ろをぴったりついてくる男の子に気づきます。
問いただすと、由比産婦人科へ行くのだと言うのです。
その由比産婦人科では、由比が榊に
「これからの分娩は大きな病院に任せるべきかも知れない」
と打ち明けていました。
「先生らしくもない」と、反論する榊です。
二人の脳裏に、かつて自分たちが担当した、
14歳で妊娠した少女・真理と母・弘子の姿が蘇ります。
(引用元:「透明なゆりかご」公式サイトより)

冒頭では、
真知子さんが無事に出産したところから始まりますが、
テロップで時刻が表示され、
すぐに緊迫した場面へと変わっていきます。
出血が止まらず、
産まれたばかりの赤ちゃんとご対面して、
満足そうに微笑む真知子さんでしたが、
その光景は長くは続きませんでした。
あれよあれよという間に、容体は悪化していき、
予断を許さない状況になり、
微笑んでいた真知子さんが苦しそうになり、
やがて昏睡状態へと陥ります。

総合病院へと救急搬送されましたが、
治療の甲斐なく、真知子さんは息を引き取り、
後には「美月ちゃん」と
真知子さんの夫である「陽介さん」が残されてしまいます。



幸せから一転、失意のどん底に落とされた陽介さんは激昂し、
裁判に刑事告訴しますが、やがて告訴を取り下げるのです。

ドラッグストアで陽介さんと再会したアオイは、
オムツかぶれ用の薬を探し、
見当たらず気落ちする陽介さんに、
顔を見られないように、
オムツかぶれローションを差し出しますが、
陽介さんにバレバレでした。
折しも悪天候のため、
アオイは陽介さんに
軽トラックにて自宅まで送ってもらったのでした。

積んであった荷物の中にロープを見つけ、
早とちりしたアオイはロープを取り上げますが、
陽介さんは
「子育てに忙しすぎてそんな暇なんてない」旨の発言をします。
でも、アオイが感じたことは、あながちウソではなく、
実は、陽介さんはかなり追い詰められていたのでした。

その陽介さんを救ったのは、
美月ちゃんと、真知子さんの至る所にあるメモ・・でした。
真知子さんが遺したメモは、まるで予見するかのように
要所要所に、しかも的確な内容で貼ってありました。

ドラマの中では、一切語られていませんが、
真知子さんの身内は沖縄に住むおばあさんおひとり、とのこと。
もしかしたら、真知子さんのお母さんも、
真知子さんを生んだ時に命を落としたかもしれません。
故に、
真知子さんはメモを至る所に書き留めていたのかもしれません。

真知子さんが産んだ美月ちゃんを懸命に育てている陽介さん。
このドラマの設定は1997年ですが、
その時点では、
まだまだ母体が出産直後に命を落とす数字が、
新生児死亡より高いことをセリフで告げられます。

実は、私が出産した2003年当時、
私の前に出産した親子が、
母子ともに危険な状態になり、
自然分娩から、緊急帝王切開になりました。

私は、複数の子宮筋腫などによって、
胎児が横倒し状態になって戻らないため、
予め帝王切開での出産になることは決まっていましたが、
午後2時過ぎの予定だったのが、
緊急オペが入り、夕方5時過ぎになりました。
私も出血が止まらず、
意識が遠のきましたが、
無事に目覚めることが出来ました。
なお、私の前に緊急オペとなった親子ですが、
無事出産出来て、
母体は授乳も出来るくらいになりましたが、
産まれてきたお子さんの
内臓の一部に障害があることがわかり、
治療と経過観察のため、
病院に通うことが告げられたそうです。

同時期に帝王切開手術をして、
その後の母体のリハビリで、
一緒になることが多かったので、
そういったお話が出て、知ることが出来ました。



時代は21世紀になっても、
出産は母子ともに命がけで挑む
一大イベントであることには
変わりはありません。

何だか「結婚の条件」とか
巷でいろいろ取り上げられていますが、
大事なのは、
自分が自由に動けなくなった時に、
安心してお世話になって、
もしもの時は命を預け、
未来を託すことのできる人物であるか、でしょうか?

最初は、限りなく頼りなくて、
年齢も離れている年下夫くんですが、
真知子さんの選択はやはり正しかったのでした。

ドラマの冒頭からラストまでずっと、
涙が止まらず、ぽろぽろこぼれていました。

独自の感性をもつアオイには、
産まれる命も、消えゆく命も、
まだ実感がわかず、なにが大切であるか理解できません。
でも、「命」そのものが、
ぎゅっと抱きしめたくなる愛おしい存在であると認識しています。

さて、次回は「14歳の妊娠」です。
駆け足で精神的に大人になって、
産み、育て、同時にどうやら自分の人生設計もきちんと描き、
実行することを選択した女性のお話となるそうです。

お知らせ
PR番組「まだ間に合う!透明なゆりかご」を放送します。
8月16日(木)総合・夜11時
8月17日(金)総合・午後0時30分

第5回です⇓⇓
透明なゆりかご第6回は命が授かる事とは?第5回は愛情のリレーと自立について、でした。

TBS系列火曜ドラマの記事です⇓⇓
義母と娘のブルース第6回はみゆき高校3年生。第5回は家族の絆は、未来へ繋ぎます。

日テレ系水曜ドラマ第5回の記事です⇓⇓
高嶺の花第6回はもも、ぷーさんを捨てる?第5回はその話は真実ですか?でした。

TBS系列金曜ドラマ第5回です⇓⇓
チア☆ダン第6回顧問不在の危機、その時?第5回は雨降って地固まる、でした。

日テレ系土曜ドラマ第5回です⇓⇓
サバイバル・ウエディング第6回は恋
も仕事も友情も大ピ~ンチ!第5回は王子との距離が縮まるもどこかが?

TBS系列日曜ドラマ第5回です⇓⇓
この世界の片隅に第6回は激しさを増す空襲とちりゆく桜。第5回は戦地に向かう者と帰還する者。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

関連記事

  1. サバイバルウエディング3 サバイバル・ウエディング第3回はさやか、メタモルフォーゼ!第2回…
  2. 高嶺の花10 高嶺の花第10回(最終回)はももが継ぎななは一切を失う?第9回傷…
  3. 高嶺の花3 高嶺の花第3回は元カレに振られたのは誰かの策略か?第2回は多彩な…
  4. 高嶺の花8 高嶺の花第8回姉妹対決!対照的な仕上がりにその結果は?第7回は種…
  5. 花1 きみが心に棲みついた第10回(最終回)の感想と次回ドラマ花のち晴…
  6. 猫と犬 くつろぎ anone(あのね)第7回の感想と第8回へ。母と娘の気持ちが行っ…
  7. 猫二匹 anone(あのね)第10回(最終回)の感想と新ドラマ、正義のセ…
  8. IMG_2213 花のち晴れ〜花男 Next Season〜第11回は続編につなが…

カテゴリー

人気記事一覧

  1. 夕凪の街
  2. チアダン0
  3. 猫一緒
  4. 指 パソコン
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PAGE TOP