フェアトレードコーヒーとは【発展途上国の生産者を守る制度】


スポンサーリンク

 アラミドコーヒーやシベットコーヒーを調べていますと「フェアトレードコーヒー」と言う言葉が度々登場します。

 フェアトレードと言うのは、どういう事なのでしょうか?
 さっそく調べてみました。

フェアトレードとは

 コーヒー豆などは比較的「発展途上国」(開発途上国)にて生産されることが多いです。

 しかし、そんなコーヒー豆の「買取価格」は、ニューヨークとロンドンの国際市場で決められています。


スポンサーリンク

 皆様もよくニュースなどでご覧になっている通り、国際市場の価格は変動が激しく、投機マネーなども流入することから、価格が高騰したりします。

 しかし、マーケット動向などの情報や、独自での販売手段を持たない小規模農家(生産者)は、結果的に中間業者の言い値での収入であり、時には生活に十分な収入を得られず、子どもを学校に行かせることもできない状況に陥る事もあります。

 そんな立場の弱い小規模農家が「生産者組合」を作ることで、生産能力・交渉能力を身につけて、生産者の生活を最低限守る「フェアトレード最低価格」と言うものを定めるようになりました。
 これにより、国際市場価格がどんなに下落したとしても、輸入買取業者は「フェアトレード最低価格」以上を保証することになったのです。

 上記はそんなフェアトレードコーヒーで日本でも流通している商品の一例です。

 無印良品さんで売られているコーヒーも、フェアトレードが多いです。

 このような制度にて、生産者が安心して生活できると言う事は、生産地域の社会発展にも大きな成果を与えます。
 すなわち、我々がフェアトレード商品を購入する事で、国際貢献をしていると言っても過言ではないのかな?と感じております。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

テレビなどでも話題になる超高級コーヒー豆。
コーヒー好きの方へお祝い品の「ギフト」としても喜ばれる逸品


アラミドコーヒー

関連記事

  1. ネスカフェアンバサダー【職場に置くコーヒーマシン】
  2. ネスカフェ【ゴールドブレンド】バリスタの使用レポート
  3. スターバックスコーヒー【JCBカードで支払うとお得】
  4. シベットコーヒー【ジャコウネココーヒーでもお手軽価格な希少コーヒ…
  5. アラミドコーヒー【世界一価格が高いコーヒーはこれだ】
  6. ブラックコーヒーが苦手でも飲める香り豊かなコーヒー
  7. コーヒーがある毎日【健康にも良い珈琲】
  8. ジャコウネココーヒーの比較と違い

人気記事一覧

  1. 高齢者付添
  2. 肌ケア 保湿
  3. 健康に良いノンアルコールビール
  4. 猫2匹
  5. 英語学習

スポンサーリンク

おすすめ記事

  1. 小学校の卒業式、何着る?~小学生と着物や袴、十三参り 卒業スーツ
ネスレ日本株式会社/ネスカフェ ドルチェ グスト
PAGE TOP