シベットコーヒー【ジャコウネココーヒーでもお手軽価格な希少コーヒー】


スポンサーリンク

 フィリピンでは、Alamid-coffee(カペ・アラミド)と呼ばれるジャコウネココーヒーも、英語名になると、Civet-coffee(シベットコーヒー)と呼ばれ、コピ・ルアクよりも上質とされており高値で取引されています。

 いずれにしても「幻のコーヒー」と呼ばれるほど、生産量が少ないことから「世界一高価で希少なコーヒー」と言われています。

 このページではその英語名のシベットコーヒーとしてご紹介致します。
 シベットと言うのはジャコウネコを指す言葉です。

 価格をご覧になると、ちょっとビックリかも知れません。
 通常のアラミドコーヒーは機械的な大量生産ができないので、何万円もする大変高価なものですが、上記のシベットコーヒーはそこまで高くありません。

 良く調べて見ますと、上記の「エクーア・シベットコーヒー」は、フィリピン北部の広大なコーヒー農園に、ジャコウネコを「放し飼い」しているそうです。



 当サイトでご紹介しているアラミドコーヒーとは違って、山に住む自然のジャコウネコから取った糞(フン)からではなく、放し飼いとは言え農園にて管理しているジャコウネコの糞から取ったコーヒー豆なようです。
 その分、価格的にもお安く提供しているようです。

 しかし、自然農法にもこだわっていると言う事ですので、もちろん、最高級のアラミドコーヒーと違う部分があるとは思いますが「ちょっと試してみたい」なんて時には、上記のシベットコーヒーの豆を手に入れるのが良いかも知れません。

 →シベットコーヒー

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

関連記事

  1. ジャコウネココーヒーの比較と違い
  2. ネスカフェ【ゴールドブレンド】バリスタの使用レポート
  3. 4大陸2019 2019年四大陸フィギュアスケート選手権・男子もやり遂げました!…
  4. コーヒー好きへのプレゼント【ギフト】に最適 世界一高いコーヒー
  5. アラミドコーヒー【世界一価格が高いコーヒーはこれだ】
  6. スターバックスコーヒー【JCBカードで支払うとお得】
  7. フェアトレードコーヒーとは【発展途上国の生産者を守る制度】
  8. ブラックコーヒーが苦手でも飲める香り豊かなコーヒー

カテゴリー

人気記事一覧

  1. 駒込妙義神社
  2. ケンカツ3
  3. 引地川
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PAGE TOP