世界フィギュアスケート選手権大会2019。エキシ滑走順出た!女子金はザギトワ!銀はツルシン!銅メドベ4位梨花5位花織6位知子!女子3枠確保!男子金ネイサン銀羽生。銅ヴィンス4位昌磨、男子も3枠確保!!

世界フィギュア

スポンサーリンク

【世界フィギュアスケート選手権大会2019】
開催地:日本・埼玉県さいたま市・さいたまスーパーアリーナ
開催期間:2019年3月18日(月)~3月24日(日)
競技開催期間:2019年3月20日(水)~3月24日(日)

【オープニングセレモニー】
3月20日(水)午後2時15分~
(出演)
プロフィギュアスケーター:無良崇人
オペラ歌手:岡本知高

ライブ配信⇓⇓⇓
フジスケ

【エキシビションの滑走順】

(敬称略)
3月24日(日)午後3時~午後6時
1st.Half Skaters
Welcome
Opening
1.畑崎李果(はたさきももか)(日本) <ノービス女子>
2.ミハル・ブレジナ(チェコ)<男子シングル8位>
3.ナタリヤ・ザビアコ/アレクサンドル・エンベルト
(ロシア)<ペア銅>
4.ガブリエル・デールマン(カナダ)<女子シングル11位>
5.田中刑事(たなかけいじ)<男子シングル14位>
6.マディソン・ハベル/ザカリー・ダナヒュー<アイスダンス銅>
7.ブレイディ・デネル(アメリカ)<女子シングル7位>
8.カーステン・ムーア=タワーズ/マイケル・マリナロ
(カナダ)<ペア7位>
9.マッテオ・リッツォ(イタリア)<男子シングル7位>
10.エリザヴェート・トゥルシンバエワ(カザフスタン)
<女子シングル銀>
11.小松原美里/ティム・コレト(日本)<アイスダンス>
12.ボーヤン・ジン(中国)<男子シングル5位>
13.宮原知子(みやはらさとこ)(日本)<女子シングル6位>
14.コーレ・デラ・モニカ/マッテオ・グアリーゼ
(イタリア)<ペア8位>

2nd.Half Skaters
15.佐藤駿(さとうしゅん)(日本) <男子ジュニア>
16.坂本花織(さかもとかおり)(日本)<女子シングル5位>
17.シャルレーヌ・ギニャール/マルコ・ファッブリ(イタリア)
<アイスダンス8位>
18.宇野昌磨(うのしょうま)(日本)<男子シングル4位>
19.ヴァネッサ・ジャームス/モルガン・シプレ(フランス)<ペア5位>
20.エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)<女子シングル銅>
21.パイパー・ギレス/ポール・ポワリエ(カナダ)<アイスダンス7位>
22.ヴィンセント・ジョウ(アメリカ)<男子シングル銅>
23.エフゲーニャ・タラソワ/ウラジミール・モロゾフ
(ロシア)<ペア銀>
24.紀平梨花(きひらりか)(日本)<女子シングル4位>
25.ヴィクトリア・シニツイナ/ニキータ・カツァラポフ(ロシア)
<アイスダンス銀>
26.羽生結弦(はにゅうゆづる)(日本)<男子シングル銀>
27.隋文静/韓聰(ずいぶんせい・ウェンジンスイ/かんそう・ツォンハン)
(中国)<ペア金>
28.アリーナ・ザギトワ(ロシア)<女子シングル金>
29.ガブリエラ・パパダキス/ギヨーム・シゼロン
(フランス)<アイスダンス金>
30.ネイサン・チェン(アメリカ)<男子シングル金>
FINALE

(引用元:ISU公式サイトより)



【ペア競技結果】

金メダル:隋文静/韓聰(ずいぶんせい・ウェンジンスイ/かんそう・ツォンハン)
(中国)<234.84>⇒一体感と深い感動と素晴らしい技術と柔らかい表現力。
銀メダル:エフゲーニャ・タラソワ/ウラジミール・モロゾフ(ロシア)
<228.47>⇒おとぎ話のような可憐な世界と一体感。
銅メダル:ナタリヤ・ザビアコ/アレクサンドル・エンベルト(ロシア)
<217.98>⇒紡ぎだす世界にまたもや引きこまれました。
第4位:彭程/金楊(ほうてい・パン・チェン/きんよう・ヤンジン)
(中国)<215.84>⇒惜しい!!より洗練されてきました。来季が楽しみです。
第5位:ヴァネッサ・ジャームス/モルガン・シプレ(フランス)
<215.19>
第6位:アレクサンドラ・ボイコワ/ドミトリー・コズロフスキー(ロシア)
<210.30>
第7位:カーステン・ムーア=タワーズ/マイケル・マリナロ(カナダ)
<200.02>
第8位:コーレ・デラ・モニカ/マッテオ・グアリーゼ(イタリア)
<195.74>>

(引用元:ISU公式サイトより)

<競技を見て>
日本では男女ともシングルが圧倒的に優勢ですが、
フィギュアスケートのだいご味はペア、
華麗さはアイスダンス、でしょう。
大技の連続があるペアは迫力がありますが、
一方で選手にとってはよりハイリスクとなります。
それに打ち勝ち、素晴らしいスコアとパフォーマンスを出しきった
ペアの選手たちに拍手、拍手です。



【女子シングル主な選手の結果】

金メダル:アリーナ・ザギトワ(ロシア)
<237.50(155.42/82.08)>
⇒納得の金メダル!!大人に近づき本当に綺麗!!

銀メダル:エリザヴェート・トゥルシンバエワ(カザフスタン)
<224.76(148.80/75.96>
⇒シニア女子4回転成功!!おめでとう!
納得の銀メダル!さあ、来季は頂点ですね。
デニス・テンも見守っている。

銅メダル:エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)
<223.80(149.57/74.23)>

第4位:紀平梨花(きひらりか)(日本)
<223.49(152.59/70.90)>
⇒フリーは第2位!!来季はSPとFS両方揃えて!!

第5位:坂本花織(さかもとかおり)(日本)
<222.83(145.97/76.86)>
⇒来季、更なる洗練と飛躍を!!

第6位:宮原知子(みやはらさとこ)(日本)
<215.95(145.35/70.60)>
⇒繊細で綺麗な動き。もっと高さがあればカンペキ。

第7位:ブレイディ・デネル(アメリカ)
<213.47(143.97/69.50)>
⇒アメリカ女子の底力を見せてもらいました!!

第8位:ソフィア・サモドゥロワ(ロシア)
<208.58(138.16/70.42)>
⇒16歳!初の世界選手権で入賞おめでとう!!

(引用元:ISU公式サイトより)

<競技を見て>
日本勢がついに表彰台落ち・・・。
これはゆゆしきことですね。
今回、運営の不手際があちこちで聞かれます。
そして、これは芸能人のコンサートではなく、
れっきとしたスポーツ競技で選手は
アイドルではなく、アスリート!!
選手が練習に集中出来て、
競技に万全の状態で臨めるようにするのは
連盟のお仕事なのでは??
逆に日本の選手を勝たせないようにしている???
とさえ勘ぐってしまいました。
来季はまず日本女子の表彰台奪還を!!

【アイスダンス主な選手の結果】

金メダル:ガブリエラ・パパダキス/ギヨーム・シゼロン(フランス)
銀メダル:ヴィクトリア・シニツイナ/ニキータ・カツァラポフ(ロシア)
銅メダル:マディソン・ハベル/ザカリー・ダナヒュー(アメリカ)
第4位:アレクサンドラ・ステパノワ/イワン・プキン(ロシア)
第5位:ケイトリン・ウィーバー/アンドリュー・ポジェ(カナダ)
第6位:マディソン・チョック/エバン・ベーツ(アメリカ)
第7位:パイパー・ギレス/ポール・ポワリエ(カナダ)
第8位:シャルレーヌ・ギニャール/マルコ・ファッブリ(イタリア)

(引用元:ISU公式サイトより)

<競技を見て>
金メダルは大納得でしたが、
アイスダンスの選手は本当にこれが競技?と思ってしまう程
エンターテイナーあふれていました。
願わくば、PCではなくテレビの大きな画面で見たかった・・・。

【男子シングル主な選手の結果】

金メダル:ネイサン・チェン(アメリカ)
<323.42(216.02/107.40)>
⇒圧倒的な強さと洗練された動きと
大舞台にベストコンディションをもっていくそのメンタルが素晴らしすぎます!!
学業との二刀流はまだまだ困難が続くと思いますが、
彼ならそれさえも楽しさにかえて乗り越えていくことでしょう。

銀メダル:羽生結弦(はにゅうゆづる)(日本)
<300.97(206.10/94.87)>
⇒技術や滑りは勿論、特筆すべきはやはり鋼のメンタル、これに尽きますね。

銅メダル:ヴィンセント・ジョウ(アメリカ)
<281.16(186.99/94.17)>
⇒シーズン前半はずっと苦しみ、そこから這い上がって掴んだ栄光。
まだまだ伸びしろはあります。
アメリカの双璧をなす代表と称される時も近いかもしれません。

第4位:宇野昌磨(うのしょうま)(日本)
<270.32(178.92/91.40)>
⇒こちらも胃痛がするほどでしたが、
最後までしっかり見させていただき、涙しました。
今回、越えなければならない本当の壁や
克服すべき点が見つかったのは大きな収穫。
神様は乗り越えない試練は与えない。
来季、覚醒した昌磨を見られることを楽しみにしています。

第5位:ボーヤン・ジン(中国)
<262.71(178.45/84.26)>
⇒中国のエース、復活ですね。
五輪に向けていよいよ始動ですね。

第6位:ミハイル・コリャダ(ロシア)
<262.44(178.21/86.96)>
⇒ロシアのエース、フリーはいつものコリヤダ君が垣間見れました。
今季は手術、強行して出場した試合などで
大変でしたが、しっかり踏ん張りました。
来季、楽しみにしています。

第7位:マッテオ・リッツォ(イタリア)
<257.66(164.29/93.37)>
⇒大躍進の今季、勢いのある若竹のようで、
「若さっていいな~」としみじみ思いました。
来季、どのように変化するのか楽しみです。

第8位:ミハル・ブレジナ(チェコ)
<254.28(167.32/86.96)>
⇒かっこいい!!
画面からも伝わるピリピリ感を
シャッと吹き飛ばしてくれる
そうした演技でした。

第9位:ジェイソン・ブラウン(アメリカ)
<254.15(157.34/96.81)>
⇒笑顔、所作、バレエ的な動き、美しいです。

※※※
第14位:田中刑事(たなかけいじ)(日本)
<238.40(159.64/78.76)>
⇒フリーではかなり巻き返しましたね。

(引用元:ISU公式サイトより)、

世界フィギュアスケート国別対抗戦2019・4月11日(木)午後2時30分より4月14日(日)まで開催!

<競技を見て・・>
ハイレベルすぎて、手に汗握る、
心臓にも胃にも負担が来る内容でした・・。
今回、フリーの順位が総合順位に結びついています。
より高難度の男子のフリープログラムでは、
フリーの出来がやはり最も大事なのだと実感。
でも、フリーへの心身共の負担を考えると、
SPの出来も重要ですね・・。
心身ともに磨き上げて、ぎりぎりのところで頑張って
結果を出した選手たち。
その選手たちの至宝級の演技を堪能出来で
とても幸せで、自分自身への明日への糧となります。
ありがとうございます!!
そして来季、またよろしくお願いします。

が・・・日本勢、しっかりましょう!!
このままでは来季男女3枠厳しいですよ!!
選手たちが集中して試合に臨める環境作りを!

【アイスダンスRD競技時間】
3月22日(金)午後0時~午後4時12分

【女子シングルFS競技時間】
3月22日(金)午後5時30分~午後9時27分
女子シングル表彰式

【アイスダンスFD競技時間】
3月23日(土)午後0時30分~午後3時51分
アイスダンス表彰式

【男子シングルFS競技時間】
3月23日(土)午後5時30分~午後9時27分
男子シングル表彰式

<スモールメダル表彰式>
ペア:3月23日(土)午前10時30分~
女子シングル3月23日(土)午前11時15分~
アイスダンス:3月24日(日)午後0時45分~
男子シングル:3月24日(日)午後1時30分~

【エキシビション】
3月24日(日)午後3時~午後6時

(引用元:ISU公式サイトより)



【地上波テレビ中継・競技】
フジテレビ
<女子シングルFS>
3月22日(金)午後6時30分~午後9時55分(第2~4Gライブ)
<男子シングル>
3月23日(土)午後6時30分~午後9時30分(第2~4Gライブ)

<ペア・アイスダンス>
3月28日(木)午前2時55分~午前4時

<エキシビション>
3月25日(月) 午前0時40分~午前1時40分

世界フィギュア日本選手の活躍全部見せますSP(仮)
3月23日(土)午後9時30分~午後11時40分

【ライヴ配信】
<女子シングルFS>
3月22日(金)午後5時30分ごろ〜
ウォームアップエリア・Kiss&Cry
<アイスダンスFD・表彰式>
3月23日(土)午後0時30分~
<男子シングルFS>
3月23日(土)午後5時30分頃~
ウォームアップエリア・Kiss&Cry

下記にてライブ配信⇓⇓⇓
フジスケ

(参考:フジスケより)



【アイスダンスRD・日本人選手の滑走順】
3月22日(金)
<第3G>午後1時22分~午後1時28分(6分間練習)
10番目(第3G・2番目):午後1時36分~
小松原美里/ティム・コレト
(こまつばらみさと/てぃむこれと)
【RD結果】第21位

(引用元:ISU公式サイトより)

【女子シングルFS・主な選手の滑走順】
3月22日(金)午後5時30分~午後9時27分
<第3G>午後7時35分~午後7時42分(6分間練習)
13番目(第3G・1番目):午後7時43分~
ガブリエル・デールマン(カナダ)

14番目(第3G・2番目):午後7時50分~
ブレイディ・デネル(アメリカ)

16番目(第3G・4番目):午後8時6分~
ソフィア・サモドゥロワ(ロシア)

17番目(第3G・5番目):午後8時14分~
宮原知子(みやはらさとこ)(日本)

18番目(第3G・6番目):午後8時22分~
紀平梨花(きひらりか)(日本)

<第4G>午後8時30分~午後8時37分(6分間練習)
19番目(第4G・1番目):午後8時38分~
エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)

20番目(第4G・2番目):午後8時46分~
マライア・ベル(アメリカ)

21番目(第4G・3番目):午後8時54分~
イム・ウンス(韓国)

22番目(第4G・4番目):午後9時2分~
坂本花織(さかもとかおり)(日本)

23番目(第4G・5番目):午後9時10分~
アリーナ・ザギトワ(ロシア)

24番目(第4G・6番目)(最終滑走):午後9時18分~
エリザヴェート・トゥルシンバエワ(カザフスタン)

(引用元:ISU公式サイトより)



strong>【女子シングルSP・主な選手の結果】
第1位:アリーナ・ザギトワ(ロシア)<82.08>
第2位:坂本花織(さかもとかおり)(日本)<76.86>
第3位:エリザヴェート・トゥルシンバエワ(カザフスタン)<75.96>
第4位:エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)<74.23>
第5位:イム・ウンス(韓国)<72.91>
第6位:マライア・ベル(アメリカ)<71.26>
第7位:紀平梨花(きひらりか)(日本)<70.90>
第8位:宮原知子(みやはらさとこ)(日本)<70.60>
第9位:ソフィア・サモドゥロワ(ロシア)<70.42>
第10位:ブレイディ・デネル(アメリカ)<69.50>
第11位:ガブリエル・デールマン(カナダ)<69.19>

(引用元:ISU公式サイトより)



【アイスダンスFD・主な選手の滑走順】

3月23日(土)午後0時30分~午後3時51分
<第3G>午後2時17分~午後2時23分(6分関練習)
11番目(第3G・1番目):午後2時24分~
ロランス・フルニエ・ボードリー/ニコライ・サアアンスン(カナダ)

12番目(第3G・2番目):午後2時32分~
ケイトリン・ハワイエク/ジャンルック・ベイカー(アメリカ)

13番目(第3G・3番目):午後2時40分~
シャルレーヌ・ギニャール/マルコ・ファッブリ(イタリア)

14番目(第3G・4番目):午後2時47分~
マディソン・チョック/エバン・ベーツ(アメリカ)

15番目(第3G・5番目):午後2時55分~
パイパー・ギレス/ポール・ポワリエ(カナダ)

<第4G>午後3時3分~午後3時10分(6分間練習)
16番目(第4G・1番目):午後3時10分~
ケイトリン・ウィーバー/アンドリュー・ポジェ(カナダ)

17番目(第4G・2番目):午後3時18分~
マディソン・ハベル/ザカリー・ダナヒュー(アメリカ)

18番目(第4G・3番目):午後3時26分~
アレクサンドラ・ステパノワ/イワン・プキン(ロシア)

19番目(第4G・4番目):午後3時35分~
ヴィクトリア・シニツイナ/ニキータ・カツァラポフ(ロシア)

20番目(第4G・5番目)(最終滑走):午後3時43分~
ガブリエラ・パパダキス/ギヨーム・シゼロン(フランス)

(引用元:ISU公式サイトより)

【アイスダンスRD・主な選手の結果】

第1位:ガブリエラ・パパダキス/ギヨーム・シゼロン(フランス)
第2位:ヴィクトリア・シニツイナ/ニキータ・カツァラポフ(ロシア)
第3位:アレクサンドラ・ステパノワ/イワン・プキン(ロシア)
第4位:マディソン・ハベル/ザカリー・ダナヒュー(アメリカ)
第5位:ケイトリン・ウィーバー/アンドリュー・ポジェ(カナダ)
第6位:マディソン・チョック/エバン・ベーツ(アメリカ)
第7位:シャルレーヌ・ギニャール/マルコ・ファッブリ(イタリア)
第8位:パイパー・ギレス/ポール・ポワリエ(カナダ)
第9位:ケイトリン・ハワイエク/ジャンルック・ベイカー(アメリカ)
第10位:ロランス・フルニエ・ボードリー/ニコライ・サアアンスン(カナダ)

(引用元:ISU公式サイトより)



【男子シングルFS・主な選手の滑走順】
3月23日(土)午後5時30分~午後9時27分
競技の最初からテレビ放送してほしい!!
ハイレベルですよ~!!

<第1G>午後5時30分~午後5時37分(6分間練習)
1番目:午後5時38分~
オレクシイ・ビチェンコ(イスラエル)

2番目:午後5時45分~
田中刑事(たなかけいじ)(日本)

3番目:午後5時53分~
デニス・ヴァシリエフス(ラトビア)

5番目:午後6時9分~
ジュリアン・イー・ジージエ(マレーシア)

6番目:午後6時17分~
アレクサンドル・サマリン(ロシア)

<第2G>午後6時25分~午後6時32分(6分間練習)
7番目(第2G・1番目):午後6時33分~
キーガン・メッシング(カナダ)

9番目(第2G・3番目):午後6時48分~
アレクサンドル・マヨロフ(スウェーデン)

11番目(第2G・5番目):午後7時4分~
ナム・ニューエン(カナダ)

12番目(第2G・6番目):午後7時12分~
チャ・ジュンファン(韓国)

<第3G>午後7時35分~午後7時42分(6分間練習)
13番目(第3G・1番目):午後7時43分~
ミハイル・コリャダ(ロシア)

14番目(第3G・2番目):午後7時50分~
モリス・クヴィテラシヴィリ(ジョージア)

15番目(第3G・3番目):午後7時58分~
アンドレイ・ラズキン(ロシア)

16番目(第3G・4番目):午後8時6分~
ケビン・エイモズ(フランス)

17番目(第3G・5番目):午後8時14分~
ボーヤン・ジン(中国)

18番目(第3G・6番目):午後8時22分~
ミハル・ブレジナ(チェコ)

<第4G>午後8時30分~午後8時37分(6分間練習)
19番目(第4G・1番目):午後8時38分~
ヴィンセント・ジョウ(アメリカ)

20番目(第4G・2番目):午後8時46分~
宇野昌磨(うのしょうま)(日本)

21番目(第4G・3番目):午後8時54分~
マッテオ・リッツォ(イタリア)

22番目(第4G・4番目):午後9時2分~
羽生結弦(はにゅうゆづる)(日本)

23番目(第4G・5番目):午後9時10分~
ネイサン・チェン(アメリカ)

24番目(第4G・6番目)(最終滑走):午後9時18分~
ジェイソン・ブラウン(アメリカ)

(引用元:ISU公式サイトより)



【男子シングルSP・主な選手の結果】
第1位:ネイサン・チェン(アメリカ)<107.40>
⇒流石!!本番までのモチベーションの持って行き方が素晴らしい!!
教えて欲しい位!天晴れ!です。
キレッキレの演技でぶっちぎりですね。

第2位:ジェイソン・ブラウン(アメリカ)<96.81>

第3位:羽生結弦(はにゅうゆづる)(日本)<94.87>
⇒珍しいミスの仕方。自国開催ゆえか?
フリーで挽回を!!

第4位:ヴィンセント・ジョウ(アメリカ)<94.17>
⇒本来の力が出てきましたね。

第5位:マッテオ・リッツォ(イタリア)<93.37>
⇒更なる進化ですごい!!ユニバより洗練されている。

第6位:宇野昌磨(うのしょうま)(日本)<91.40>
⇒自分も悔しいが何より本人が一番悔しいはず!!
フリーは自身が納得いく演技を!!
SPの曲はフィギュアスケート競技には高難度の曲。
冒頭のジャンプ以外は良かった!
底力をジャッジに見せてやれ!!

第7位:ケビン・エイモズ(フランス)<88.24>
第8位:ミハル・ブレジナ(チェコ)<86.96>
第9位:ボーヤン・ジン(中国)<84.26>
第10位:ミハイル・コリャダ(ロシア)<84.23>
第11位:アンドレイ・ラズキン(ロシア)<84.05>
第12位:モリス・クヴィテラシヴィリ(ジョージア)<82.67>
第13位:ナム・ニューエン(カナダ)<82.51>
第14位:キーガン・メッシング(カナダ)<82.38>
※※※
第17位:アレクサンドル・マヨロフ(スウェーデン)<79.17>
第18位:チャ・ジュンファン(韓国)<79.17>
第19位:田中刑事(たなかけいじ)(日本)<78.76>
第20位:アレクサンドル・サマリン(ロシア)<78.38>
※※※
第22位:オレクシイ・ビチェンコ(イスラエル)<77.67>
第23位:デニス・ヴァシリエフス(ラトビア)<74.74>
第24位:ジュリアン・イー・ジージエ(マレーシア)<73.63>

(引用元:ISU公式サイトより)

<感想>
ある程度の予想はしていましたが、
ハイレベルな男子の競技です。
でも、その中でもアメリカの選手たちは
きちんと本番に向けて仕上げています。
アメリカ大会?と錯覚してしまいました。
マスコミは取材取材で
日本の選手たちに多大なるプレッシャーを与えてしまったのでは?
あとは練習環境、でしょうか?
今回、その差を痛感しました・・・。
日本の選手たち、底力を!!
フリーは自分自身が良しとする最高の演技を!!

※※新しい情報等出ましたら随時更新させていただきます。

【ペアSP・主な選手の滑走順】
3月20日(水)午前10時~午後1時40分
11番目(第3G・4番目):午後0時12分~
(中国)
隋文静/韓聰(ずいぶんせい・ウェンジンスイ/かんそう・ツォンハン)

12番目(第4G・1番目):午後0時41分~
(中国)
彭程/金楊(ほうてい・パン・チェン/きんよう・ヤンジン)

15番目(第4G・4番目):午後1時~
アレクサンドラ・ボイコワ/ドミトリー・コズロフスキー(ロシア)

16番目(第5G・1番目):午後1時15分~
コーレ・デラ・モニカ/マッテオ・グアリーゼ(イタリア)

17番目(第5G・2番目):午後1時21分~
エフゲーニャ・タラソワ/ウラジミール・モロゾフ(ロシア)

18番目(第5G・3番目):午後1時27分~
ヴァネッサ・ジャームス/モルガン・シプレ(フランス)

19番目(第5G・4番目)(最終滑走):午後1時34分~
ナタリヤ・ザビアコ/アレクサンドル・エンベルト(ロシア)

(引用元:ISU公式サイトより)

【ペアSP・主な選手の結果】
第1位:エフゲーニャ・タラソワ/ウラジミール・モロゾフ(ロシア)

第2位:隋文静/韓聰(ずいぶんせい・ウェンジンスイ/かんそう・ツォンハン)
(中国)
第3位:彭程/金楊(ほうてい・パン・チェン/きんよう・ヤンジン)
(中国)
第4位:ナタリヤ・ザビアコ/アレクサンドル・エンベルト(ロシア)
第5位:カーステン・ムーア=タワーズ/マイケル・マリナロ(カナダ)
第6位:アレクサンドラ・ボイコワ/ドミトリー・コズロフスキー(ロシア)
第7位:ヴァネッサ・ジャームス/モルガン・シプレ(フランス)
第8位:コーレ・デラ・モニカ/マッテオ・グアリーゼ(イタリア)

(引用元:ISU公式サイトより)

【ペアFS:主な選手の滑走順】
3月21日(木)午前10時30分~午後2時8分
12番目(第4G・1番目):午後0時56分~
二コーレ・デラ・モニカ/マッテオ・グアリーゼ(イタリア)

13番目(第4G・2番目):午後1時4分~
ヴァネッサ・ジャームス/モルガン・シプレ(フランス)

14番目(第4G・3番目):午後1時11分~
カーステン・ムーア=タワーズ/マイケル・マリナロ(カナダ)

15番目(第4G・4番目):午後1時19分~
アレクサンドラ・ボイコワ/ドミトリー・コズロフスキー(ロシア)

16番目(第5G・1番目):午後1時35分~
(中国)
彭程/金楊(ほうてい・パン・チェン/きんよう・ヤンジン)

17番目(第5G・2番目):午後1時43分~
ナタリヤ・ザビアコ/アレクサンドル・エンベルト(ロシア)

18番目(第5G・3番目):午後1時51分~
エフゲーニャ・タラソワ/ウラジミール・モロゾフ(ロシア)

19番目(第5G・4番目)(最終滑走):午後2時~
(中国)
隋文静/韓聰(ずいぶんせい・ウェンジンスイ/かんそう・ツォンハン)

(引用元:ISU公式サイトより)

【女子シングルSP・主な選手の滑走順】<FSは上位24人>
3月20日(水)午後3時5分~午後8時57分
<第1G>午後3時5分~午後3時12分(6分間練習)

<第4G>午後5時39分~午後5時46分(6分間練習)
21番目(第4G・5番目):午後6時12分~
アレクシア・パガニーニ(スイス)

<第5G>午後6時25分~午後6時32分(6分間練習)
23番目(第5G・1番目):午後6時33分~
ルナ・ヘンドリックス(ベルギー)

<第6G>午後7時24分~午後7時31分(6分間練習)
29番目(第6G・1番目):午後7時32分~
ガブリエル・デールマン(カナダ)

30番目(第6G・2番目):午後7時38分~
イム・ウンス(韓国)

31番目(第6G・3番目):午後7時45分~
マライア・ベル(アメリカ)

32番目(第6G・4番目)午後7時51分~
エリザヴェート・トゥルシンバエワ(カザフスタン)

34番目(第6G・6番目):午後8時4分~
ソフィア・サモドゥロワ(ロシア)

第7G午後8時10分~午後8時17分(6分間練習)
35番目(第7G・1番目):午後8時18分~
坂本花織(さかもとかおり)(日本)

36番目(第7G・2番目):午後8時24分~
ブレイディ・デネル(アメリカ)

37番目(第7G・3番目):午後8時31分~
宮原知子(みやはらさとこ)(日本)

38番目(第7G・4番目):午後8時37分~
エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)

39番目(第7G・5番目):午後8時43分~
紀平梨花(きひらりか)(日本)

40番目(第7G・6番目)(最終滑走):午後8時50分~
アリーナ・ザギトワ(ロシア)

(引用元:ISU公式サイトより)

【男子シングルSP・主な選手の滑走順】<FSは上位24人>
3月21日(木)午後4時~午後8時57分
※※男子は序盤のGから楽しみですね!

<第1G>午後4時~午後4時7分(6分間練習)
4番目:午後4時27分~
ジュリアン・イー・ジージエ(マレーシア)

<第2G>午後4時39分~午後4時47分(6分関練習)
7番目(第2G・2番目):午後4時54分~
アレクサンドル・マヨロフ(スウェーデン)

9番目(第2G・4番目):午後5時6分~
アンドレイ・ラズキン(ロシア)

※※いやあ~本当にすごい!!まだ第2Gなのに!!

※※第3Gはシニアとジュニアの掛け持ちの選手も複数います。
そして、メキシコからの選手も!!!

<第4G>午後6時25分~午後6時33分(6分間練習)
19番目(第4G・2番目):午後6時40分~
モリス・クヴィテラシヴィリ(ジョージア)

20番目(第4G・3番目):午後6時46分~
ミハル・ブレジナ(チェコ)

21番目(第4G・4番目):午後6時52分~
チャ・ジュンファン(韓国)

22番目(第4G・5番目):午後6時59分~
田中刑事(たなかけいじ)(日本)

23番目(第4G・6番目):午後7時6分~
ナム・ニューエン(カナダ)

<第5G>午後7時24分~午後7時32分(6分間練習)
24番目(第5G・1番目):午後7時32分~
ボーヤン・ジン(中国)

25番目(第5G・2番目):午後7時39分~
デニス・ヴァシリエフス(ラトビア)

26番目(第5G・3番目):午後7時45分~
マッテオ・リッツォ(イタリア)

27番目(第5G・4番目)午後7時51分~
オレクシイ・ビチェンコ(イスラエル)

28番目(第5G・5番目):午後7時58分~
ヴィンセント・ジョウ(アメリカ)

29番目(第5G・6番目):午後8時4分~
アレクサンドル・サマリン(ロシア)

<第6G>午後8時10分~午後8時18分(6分間練習)
30番目(第6G・1番目):午後8時18分~
羽生結弦(はにゅうゆづる)(日本)

31番目(第6G・2番目):午後8時25分~
宇野昌磨(うのしょうま)(日本)

※黄熊たちも味方につけちゃいましょ!

32番目(第6G・3番目):午後8時31分~
ジェイソン・ブラウン(アメリカ)

33番目(第6G・4番目):午後8時37分~
ミハイル・コリャダ(ロシア)

34番目(第6G・5番目):午後8時44分~
キーガン・メッシング(カナダ)

35番目(第6G・6番目)(最終滑走):午後8時50分~
ネイサン・チェン(アメリカ)

(引用元:ISU公式サイトより)

【ルール改正・5項目】

(1)男子フリースケーティング時間:4分30秒⇒4分間
(2)男子フリーのジャンプ本数:8本⇒7本
(3)
GOE(出来栄え点)の幅:
7段階(-3~+3)⇒11段階(-5~+5)
演技後半のジャンプボーナスの変更:
(4)
全て基礎点1.1⇒
<ショート>最後の1本のみ1.1点
<フリー>最後の3本のみ1.1点
(5)
4回転ジャンプの繰り返し:
2種類の4回転⇒1種類の4回転  



strong>【世界フィギュアスケート選手権大会2019 日本代表】
<男子シングル>
羽生結弦(はにゅうゆづる)
宇野昌磨(うのしょうま)
田中刑事(たなかけいじ)
(補欠)
・友野一希(とものかずき)
・山本草太(やまもとそうた)
・島田高志郎(しまだこうしろう)※ミニマムポイント獲得が条件

<女子シングル>
坂本花織(さかもとかおり)
紀平梨花(きひらりか)
宮原知子(みやはらさとこ)
(補欠)
・三原舞依(みはらまい)
・樋口新葉(ひぐちわかば)
・山下真瑚(やましたまこ)

ペア>
・須崎海羽/木原龍一(すざきみう/きはらりゅういち)⇒怪我の為棄権

アイスダンス
小松原美里/ティム・コレト(こまつばらみさと/てぃむこれと)

(参考:日本スケート連盟公式サイトより)

海外の主な出場選手
男子シングル
(アメリカ)
ネイサン・チェン
ヴィンセント・ジョウ
ジェイソン・ブラウン

(ロシア)
ミハイル・コリャダ
マキシム・コフトゥン⇒3/14棄権
アレクサンドル・サマリン
アンドレイ・ラズキン

(カナダ)
キーガン・メッシング
ナム・ニューエン

(中国)
ボーヤン・ジン

(チェコ)
ミハル・ブレジナ

(ジョージア)
モリス・クヴィテラシヴィリ

(イタリア)
マッテオ・リッツォ

(ラトビア)
デニス・ヴァシリエフス

(マレーシア)
ジュリアン・イー・ジージエ

(韓国)
チャ・ジュンファン

(スウェーデン)
アレクサンドル・マヨロフ

(イスラエル)
オレクシイ・ビチェンコ

女子シングル
(ロシア)
アリーナ・ザギトワ
ソフィア・サモドゥロワ
エフゲニア・メドベージェワ

(アメリカ)
ブレイディ・デネル
マライア・ベル

(カナダ)
ガブリエル・デールマン

(ベルギー)
ルナ・ヘンドリックス

(カザフスタン)
エリザヴェート・トゥルシンバエワ

(韓国)
イム・ウンス

(スイス)
アレクシア・パガニーニ

ペア
(ロシア)
エフゲーニャ・タラソワ/ウラジミール・モロゾフ
ナタリヤ・ザビアコ/アレクサンドル・エンベルト
アレクサンドラ・ボイコワ/ドミトリー・コズロフスキー
(中国)
彭程/金楊 (ほうてい・パン・チェン/きんよう・ヤンジン)
隋文静/韓聰(ずいぶんせい・ウェンジンスイ/かんそう・ツォンハン)
(フランス)
ヴァネッサ・ジャームス/モルガン・シプレ
(イタリア)
コーレ・デラ・モニカ/マッテオ・グアリーゼ

アイスダンス
(アメリカ)
マディソン・チョック/エバン・ベーツ
ケイトリン・ハワイエク/ジャンルック・ベイカー
マディソン・ハベル/ザカリー・ダナヒュー
(ロシア)
ヴィクトリア・シニツイナ/ニキータ・カツァラポフ
アレクサンドラ・ステパノワ/イワン・プキン
(フランス)
ガブリエラ・パパダキス/ギヨーム・シゼロン
(イタリア)
シャルレーヌ・ギニャール/マルコ・ファッブリ
(スペイン)
サラ・ウルタド/キリル・ハリャヴィン
(カナダ)
パイパー・ギレス/ポール・ポワリエ
ケイトリン・ウィーバー/アンドリュー・ポジェ
ロランス・フルニエ・ボードリー/ニコライ・サアアンスン

(引用元:ISU公式サイトより)

【ペアSP競技時間】
3月20日(水)午前10時~午後1時40分

【女子シングルSP競技時間】
3月20日(水)午後3時5分~午後8時57分

【ペアFS競技時間】
3月21日(木)午前10時30分~午後2時8分
ペア表彰式

【男子シングルSP競技時間】
3月21日(木)午後4時~午後8時57分

【公式練習】
<男子シングル:MR⇒メインリンク:PR⇒サブリンク>
3月18日(月)午前7時30分~午前11時20分(PR)
3月18日(月)午後6時15分~午後10時5分(MR)
3月19日(火)午前11時~午後2時50分(MR)
3月19日(火)午後6時15分~午後10時5分(PR)
3月20日(水)午後1時25分~午後5時45分(PR)
3月21日(木)午前9時30分~午後0時50分(PR)
3月22日(金)午前11時~午後1時50分(PR)
3月23日(土)午前8時50分~午前11時40分(MR)

<女子シングル:MR⇒メインリンク:PR⇒サブリンク>
3月18日(月)午前10時~午後2時35分(MR)
3月18日(月)午後2時30分~午後7時5分(PR)
3月19日(火)午前7時~午前11時35分(PR)
3月19日(火)午後6時~午後10時35分(MR)
3月20日(水)午前9時15分~午後1時15分(PR)
3月21日(木)午後4時30分~午後7時20分(PR)
3月22日(金)午前8時~午前10時50分(MR)

ペア:MR⇒メインリンク:PR⇒サブリンク>
3月18日(月)午前7時~午前9時50分(MR)
3月18日(月)午前11時30分~午後2時20分(PR)
3月19日(火)午前11時45分~午後2時35分(PR)
3月19日(火)午後3時~午後5時50分(MR)
3月20日(水)午前6時45分~午前9時35分(MR)
3月21日(木)午前6時45分~午前9時35分(MR)

<アイスダンス:MR⇒メインリンク:PR⇒サブリンク>
3月18日(月)午後2時45分~午後6時5分(MR)
3月18日(月)午後7時15分~午後10時35分(PR)
3月19日(火)午前7時30分~午前10時50分(MR)
3月19日(火)午後2時45分~午後6時5分(PR)
3月20日(水)午後5時55分~午後9時15分(PR)
3月21日(木)午後1時~午後4時20分(PR)
3月22日(金)午前7時30分~午前10時50分(PR)
3月23日(土)午前6時30分~午前8時40分(MR)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

関連記事

  1. スケート女性 樋口32番・宮原37番、フィギュアスケート世界選手権2018・女…
  2. スケート光 宇野5番、宮原17番、羽生オオトリ、平昌オリンピックフィギュアス…
  3. アイス新鮮 プリンスアイスワールドテレビ中継!追記有り!BSジャパンで201…
  4. スケート日本2018 全日本フィギュアスケート選手権大会(第87回)女子優勝は逆転!の…
  5. 黒いスケート靴 平昌五輪・フィギュアスケート・男子FS滑走順と予定時刻~男子SP…
  6. スケート靴と花 フィギュアスケート世界選手権2018まもなく開催!3月19日より…
  7. ジュニアスケート 世界ジュニアフィギュアスケート選手権2019開催!女子結果は…
  8. 国別対抗戦 世界フィギュアスケート国別対抗戦2019・エキシ・滑走順出まし…

カテゴリー

人気記事一覧

  1. 療養泉・草津
  2. ケンカツ8
  3. チアダン4
  4. サバイバルウエディング9