ブラックコーヒーが苦手でも飲める香り豊かなコーヒー


スポンサーリンク

 「ブラックコーヒーが苦手な私でも、そのまま飲めた」
 どういうことなのでしょう?

 そもそも、ブラックコーヒーが苦手な方は「後を引く苦さが特に苦手」であったり「苦酸っぱく」感じたり「苦い」というキーワードができます。

 でも、映画などじ主人公がおいしそうにブラックコーヒーを飲んでいるシーンなんかをみますと、自分も飲みたくなってしまうのです。

 そんな、ブラックコーヒーが苦手な方でも、下記のような感想のコーヒー豆があります。

 チョコレートのような香りで、苦味がなく、非常に飲みやすい。

 後味がさっぱりしていて、口の中もコーヒー臭くならない。

 コーヒーを入れて、2時間、3時間経過しても、酸化して味が落ちるような嫌な苦みが感じられない。

 このように「コーヒー嫌いが飲めるコーヒー」が世界にはあるのです。

 それは・・



アラミドコーヒー

 フルーティーな甘い香りが豊かで、ダークチョコレートやヘーゼルナッツの風味と香りのコーヒーです。
 ただ、その希少性から「世界一高いコーヒー」としても有名です。

 化学物質ゼロの自然から採れたコーヒー豆です。

 さて、このアラミドコーヒー、なぜ、コーヒーが苦手な方でも飲めてしまうのでしょうか?
 それは「苦みが無い」と言う事が一番な理由だと思われます。
 風味はチョコレートのようで尚且つ香りはフルーティーなのです。

 「そんなコーヒー知らないよ」と言う声が聞こえて来そうですが、知らなくて当たり前です。
 私自身、最近知りましたからね。

 なぜ、知られていないかと言うと大変希少なコーヒーでして、ほとんど流通していないからです。
 街のコーヒー屋さんでもほとんど取扱いしていません。

 どんなコーヒーなのでしょう?
 
 そんな貴重なコーヒーの由縁などはこちらよりご覧ください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

関連記事

  1. ジャコウネココーヒーの比較と違い
  2. フェアトレードコーヒーとは【発展途上国の生産者を守る制度】
  3. ネスカフェアンバサダー【職場に置くコーヒーマシン】
  4. ネスカフェドルチェグストが安くておいしい訳
  5. シベットコーヒー【ジャコウネココーヒーでもお手軽価格な希少コーヒ…
  6. アラミドコーヒーの入れ方【おいしい飲み方】
  7. ネスカフェ【ゴールドブレンド】バリスタの使用レポート
  8. スターバックスコーヒー【JCBカードで支払うとお得】

カテゴリー

人気記事一覧

  1. 3つの塔
  2. よみうり夜景_censored
  3. IMG_3106
  4. サクラサク
  5. サバイバルウエディング4
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PAGE TOP