東大寺に行ってきました!~朝がおススメです!午前7時30分より

盧舎那仏

スポンサーリンク

【東大寺】

東大寺(とうだいじ)は、
奈良県奈良市雑司町にある華厳宗大本山の寺院です。

正式名称は、
金光明四天王護国之寺(きんこうみょうしてんのうごこくのてら)ともいい、
奈良時代(8世紀)に
聖武天皇が国力を尽くして建立した寺院です。
「奈良の大仏」として知られる
盧舎那仏(るしゃなぶつ)を本尊とし、
開山(初代別当)は良弁です。

奈良時代には中心堂宇の大仏殿(金堂)のほか、
東西2つの七重塔
(推定高さ約70メートル以上と伝わる)を含む
大伽藍が整備されていましたが、
中世以降、2度の兵火で多くの建物を焼失しました。
現存する大仏は、台座(蓮華座)などの一部に
当初の部分を残すのみです。
また現存する大仏殿は
江戸時代の18世紀初頭(元禄時代)の再建で、
創建当時の堂に比べ、
間口が3分の2に縮小されています。
「大仏さん」の寺として、
古代から現代に至るまで広い信仰を集め、
日本の文化に多大な影響を与えてきた寺院です。
聖武天皇が、
当時の日本の60余か国に建立させた
国分寺の中心をなす
「総国分寺」と位置付けされていました。

東大寺は1998年12月に、
古都奈良の文化財の一部として、
ユネスコより世界遺産に登録されています。

【東大寺の歴史】

【前身寺院】
8世紀前半には大仏殿の東方、
若草山麓に前身寺院が建てられていたそうです。
東大寺の記録である「東大寺要録」によりますと、
天平5年(733年)、
若草山麓に創建された金鐘寺
(または金鍾寺(こんしゅじ))が
東大寺の起源であるとされているそうです。
一方、正史「続日本紀」によれば、
神亀5年(728年)、
第45代の天皇である聖武天皇と光明皇后が
幼くして亡くなった皇子の菩提のため、
若草山麓に「山房」を設け、
9人の僧を住まわせたことが知られており、
これが金鐘寺の前身とも見られているそうです。
金鐘寺には、8世紀半ばには
羂索堂、千手堂が存在したことが記録から知られ、
このうち羂索堂は現在の法華堂
(=三月堂、本尊は不空羂索観音)
を指すと見られています。
天平13年(741年)には
国分寺建立の詔が発せられ、
これを受けて翌年の天平14年(742年)、
金鐘寺は大和国の国分寺と定められ、
寺名は金光明寺と改められたということです。

【大仏殿建設】
大仏の鋳造が始まったのは天平19年(747年)で、
このころから「東大寺」の寺号が
用いられるようになったと見られています。

なお、東大寺建設のための役所である
「造東大寺司」が史料に見えるのは
天平20年(748年)が最初であるそうです。
聖武天皇が大仏造立の詔を発したのは
それより前の天平15年(743年)です。
当時、都は恭仁京(現・京都府木津川市)に移されていましたが、
天皇は恭仁京の北東に位置する
紫香楽宮(現・滋賀県甲賀市信楽町)におり、
大仏造立もここで始められたそうです。
聖武天皇は短期間に遷都を繰り返しましたが、
2年後の天平17年(745年)、
都が平城京に戻ると共に
大仏造立も現在の東大寺の地で
改めて行われることになったそうです。
この大事業を推進するには
幅広い民衆の支持が必要であったため、
朝廷から弾圧されていた行基を大僧正として迎え、
協力を得たとのことです。

難工事の末、大仏の鋳造が終了し、
天竺(インド)出身の僧・菩提僊那を導師として
大仏開眼会(かいげんえ)が挙行されたのは
天平勝宝4年(752年)のことでした。
そして、大仏鋳造が終わってから
大仏殿の建設工事が始められて、
竣工したのは天平宝字2年(758年)のことでした。

東大寺では大仏創建に力のあった
良弁、聖武天皇、行基、菩提僊那を
「四聖(ししょう)」と呼んでいるそうです。



【盧舎那仏(るしゃなぶつ)】
盧舎那仏の名は、
宇宙の真理を体得された釈迦如来の別名で、
世界を照らす仏・ひかり輝く仏の意味とのことです。
左手で宇宙の智慧を、
右手に慈悲をあらわしながら、
人々が思いやりの心でつながり、
絆を深めることを願っておられるということです。
東大寺・盧舎那仏

国宝。指定名称は「銅造盧舎那仏坐像(金堂安置)1躯」。
像高は14.7メートルです。
大仏は「華厳経」に説く
盧舎那仏という名の仏です。
盧舎那仏は「蓮華蔵世界」
(『華厳経』の説く世界観)の中心に位置し、
大宇宙の存在そのものを象徴する仏です。

【木造如意輪観音坐像・虚空蔵菩薩坐像】
木造如意輪観音坐像・虚空蔵菩薩坐像(重文)
大仏の左右に脇侍として安置されています。
これらの像は大仏(銅造)とは異なり
木造の寄木造です。
大勧進公俊の時代、京都の仏師山本順慶一門と、
大坂の仏師椿井賢慶一門らにより、
30数年をかけて製作されたもので、
江戸時代の代表的な仏教彫刻です。
如意輪観音像は元文3年(1738年)ごろの完成、
虚空蔵菩薩像は遅れて宝暦2年(1752年)の完成。

<如意輪観音像>
如意輪観音像

<虚空蔵菩薩坐像>
虚空蔵菩薩坐像

【金銅八角燈籠(国宝)】
大仏殿の正面に立つ燈籠です。
総高464センチ。
たびたび修理はされていますが、
基本的には奈良時代創建時のものです。
火袋羽目板4面には
楽器を奏する音声菩薩(おんじょうぼさつ)像を鋳出しています。
4面の羽目板のうち
西北面と西南面が当初のもので、
東北面と東南面はレプリカです。
東北面の羽目板は1962年に盗難に遭い、
直後に発見されましたが、
その後はオリジナルは別途保管し、
燈籠にはレプリカを取り付けています。
東南面の羽目板のオリジナルは早くに紛失してしまいました。

<金銅八角燈籠と大仏殿>
金銅八角燈籠と大仏殿

【歴史】

【奈良時代・平安時代】
奈良時代の東大寺の伽藍は、
南大門、中門、金堂(大仏殿)、
講堂が南北方向に一直線に並び、
講堂の北側には東・北・西に「コ」の字形に並ぶ僧房(僧の居所)、
僧房の東には食堂(じきどう)があり、
南大門と中門の間の左右には
東西2基の七重塔(高さ約70メートル以上と推定される)が
回廊に囲まれて建っていたそうです。
天平17年(745年)の起工から、
伽藍が一通り完成するまでには
40年近い時間を要しているとのことです。

平安時代に入ると、
桓武天皇の南都仏教抑圧策により
「造東大寺所」が廃止されるなどの圧迫を受け、
また講堂と三面僧房が失火で、
西塔が落雷で焼失したり、
暴風雨で南大門、鐘楼が倒壊したりといった事件が起こりました。
が、後に皇族・貴族の崇敬を受けて
黒田荘に代表される多数の荘園を寄進されたり、開発しました。
やがて、南都の有力権門として
内外に知られるようになり、
多数の僧兵を抱え、興福寺などと度々強訴を行っていました。

【中世以降】
東大寺は、近隣の興福寺と共に
治承4年12月28日(1181年1月15日)の
平重衡の兵火で壊滅的な打撃(南都焼討)を受け、
大仏殿を初めとする多くの堂塔を失いました。
この時、大勧進職に任命され、
大仏や諸堂の再興に当たったのが
当時61歳の僧・俊乗房重源(ちょうげん)でした。

重源の精力的な活動により、
文治元年(1185年)には
後白河法皇らの列席の下、大仏開眼法要が、
建久元年(1190年)には上棟式が行われました。
建久6年(1195年)には再建大仏殿が完成し、
源頼朝らの列席の下、落慶法要が営まれました。



その後、
戦国時代の永禄10年10月10日(1567年11月10日)、
三好・松永の戦いの兵火により、
大仏殿を含む東大寺の主要堂塔はまたも焼失しました。
天正元年(1573年)9月、
東大寺を戦乱に巻き込むことと
乱暴狼藉を働く者に対しての厳罰を通達する書状を出しています。

【江戸時代】
仮堂が建てられましたが
慶長15年(1610年)の暴風で倒壊し
大仏は露座のまま放置されることとなりました。
その後の大仏の修理は元禄4年(1691年)に完成し、
再建大仏殿は公慶(1648年⇒1705年)の尽力や、
江戸幕府将軍徳川綱吉や
母の桂昌院を初め多くの人々による
寄進が行われた結果、
宝永6年(1709年)に完成しました。
この3代目の大仏殿(現存)は、
高さと奥行きは天平時代とほぼ同じですが、
間口は天平創建時の11間から
およそ3分の2の7間に縮小されています。
また、講堂、食堂、東西の七重塔など
中世以降はついに再建されることはなく、
今は各建物跡に礎石や土壇のみが
残されているとのことです。

【伽藍の概要】
東大寺の境内は
平城京の外京の東端を区切る
東七坊大路(現国道169号)を西端とし、
西南部は興福寺の境内と接していました。

南大門を入って参道を進むと、
正面に中門(南中門)、
その先に大仏殿(正式には「金堂」)があります。
大仏殿前には東大寺創建当時に
造立された八角灯籠があります。
中門からは東西に回廊が伸び、
大仏殿の左右に達しています。
回廊は、現在は大仏殿の南側にしかありませんが、
当初は北側にも回廊があり、
回廊北面の中央には「北中門」がありました。

【拝観時間及び入堂料】

【拝観・開館時間】
<大仏殿・法華堂(三月堂)・戒壇堂>
4~10月⇒午前7時30分~午後5時30分
11月~3月⇒午前8時~午後5時
<東大寺ミュージアム>
4~10月⇒午前9時30分~午後5時30分
(最終入館午後5時)
11月~3月⇒午前9時30分~午後5時
(最終入館午後4時30分)
※大仏殿・法華堂・戒壇堂、東大寺ミュージアム、
それぞれで入堂料が発生します)

【入堂料(拝観料)】
個人 団体(30名以上)
大人(大学生以上)⇒600円(団体:550円)
高校生⇒600円(団体:500円)
中学生⇒600円(団体:400円)
小学生⇒300円(団体:200円)

中学校・高等学校の団体割引について

小学生の団体割引について

【駐車場】

東大寺に近い駐車場
★夢風ひろば
※最も早い時間の営業オープン時間でも午前9時なのでご注意を!!

【奈良公園の鹿さん】

所要時間:30分(駆け足)

東大寺大仏殿の戦いについて~松永久秀&三好義継VS三好三人衆&筒井順慶&池田勝正~

松永久秀~三好長慶に忠義を誓った人物~官僚であり武将として時代の中心で活躍するも信貴山城にて死す。

法隆寺に行ってきました!おススメ駐車場などの紹介。

唐招提寺~鑑真開基の世界遺産の寺院~静かにゆっくりと過ごせます。

朝護孫子寺~信貫山の毘沙門さん~聖徳太子伝承のある寺院

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

関連記事

  1. 高尾山頂上 高尾山ウォーク~世界規模的人気のTAKAO~手軽に楽しめる霊山の…
  2. 片山津温泉 片山津温泉~柴山潟にある江戸時代に発見された温泉~小松空港の近く…
  3. 宮沢賢治記念館 宮沢賢治記念館(みやざわけんじきねんかん)お得な共通券もあります…
  4. 樹林広場・東や 市立相模原麻溝公園~さがみはら市のあじさい巡り、2019年6月2…
  5. 自販機遠景 なつい!自動販売機があります~相模原B級すぽっと~
  6. 浄土ケ浜 浄土ヶ浜・青の洞窟・動画あり!~三陸ジオパーク~
  7. 水無月園9 水無月園(県立相模原公園)の花菖蒲が見頃です!6月9日(日)はし…
  8. 長谷寺~もうひとつの鎌倉あじさいめぐり~(2019.5月あじさい…

カテゴリー

人気記事一覧

  1. 高嶺の花10
  2. 3宝石
  3. 健康に良いノンアルコールビール
  4. 北山崎
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PAGE TOP