東京都庭園美術館 攻略法 行き方・主に庭園の画像あり~身近に自然に親しもう。

IMG_3766

スポンサーリンク

東京都庭園美術館(とうきょうとていえんびじゅつかん)
IMG_3730

武蔵野の面影を残す国立自然教育園に隣接した
同館の敷地および建物は、
香淳皇后の叔父にあたる朝香宮鳩彦王が1947年の皇籍離脱まで暮らした邸宅でした。
この土地は白金御料地と呼ばれ、近世には高松藩松平家の下屋敷がありました。
明治期には陸軍の火薬庫が一時置かれ、後に皇室財産となっています。
1981年12月に東京都に売却され、
1983年(昭和58年)に都立美術館の一つとして一般公開されています。
本館は旧朝香宮邸です。
鉄筋コンクリート造2階建て(一部3階建て)で、
地下1階で1929年(昭和4年)頃から建築準備に取り掛かり
1933年(昭和8年)5月に完成しました。
内装には当時流行のアール・デコ様式の粋を尽くした瀟洒な建物で、保存状態は良好です。
庭園は、芝生広場、日本庭園、西洋庭園の3つのエリアで構成されており、
季節ごとにさまざまな花を楽しむことができます。
本館等の施設に入館せず庭園のみの入場も可能です。
日本庭園内に茶室「光華(こうか)」があります。
木造瓦葺平屋建てで1938年(昭和13年)完成です。
他に倉庫と馬車庫があるが、それらは本館と同時に建設されました。
(引用元:「東京都庭園美術館」公式サイト及びウキペディアより)

本当に隣です。
IMG_3645

所在地
〒108-0071  東京都港区白金台5-21-9
電話
03-5777-8600(ハローダイヤル)
03-3443-0201(代表)午前10時~午後6時
FAX:03-3443-3228
開館時間
午前10時~午後6時 (入館は午後5時30分まで)
休館日
毎月第2・第4水曜日(祝日の場合は開館、翌日休館)、年末年始
入館料
展覧会によって異なります。
現在の展覧会は一般1200円
庭園入場料
一般200円(160円)、
大学生(専修・各種専門学校含む)160円(120円)、
中・高校生・65歳以上100円(80円)
・( )内は20名以上の団体料金。
・小学生以下および都内在住在学の中学生は無料。
ぐるっとパス」使えます。

下記のミュージアムショップは、庭園入場料のみでも入れます。
IMG_3731
チケット売り場隣のミュージアムショップです。
IMG_3732
★ただし、ミュージアムショップ付近及び隣接するレストランからは
庭園には入れません★

IMG_3735

東京都庭園美術館の案内図です。
IMG_3741

所要時間:30分~60分(ベンチがあるので寛げます)

・身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳
・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその介護者一名は無料。
・第3水曜日(シルバーデー)は65歳以上の方は無料。
・親子ふれあいデー(毎月第3土曜日と続く日曜日<家族ふれあいの日>)は、
18歳未満の子を同伴する都内在住の方2名まで、庭園の入場料金が半額になります。
※展覧会のチケットをお持ちの方は、庭園にもご入場いただけます。
交通アクセス
JR山手線「目黒駅」東口/東急目黒線「目黒駅」正面口より徒歩7分
都営三田線・東京メトロ南北線「白金台駅」1番出口より徒歩6分
※白金台駅のエレベーターは2番出口にあります。

バス停留所「白金台5丁目」より徒歩3分

黒77系統(目黒駅―千駄ヶ谷駅)都営バス
橋86系統(目黒駅―新橋駅北口)都営バス
品93系統(目黒駅―大井競馬場)都営バス
東98系統(東京駅南口―等々力操車場)東急バス

駐車場(有料)は、美術館の敷地内にあります。
正門で警備員が案内するそうです。
※レストラン利用のみの方の駐車場利用は遠慮いただいているそうです。

料金:普通自動車 1回 1500円
IMG_3738

駐車場の地図⇓
IMG_3795



車いすをご利用の方
本館は昭和8年に建てられた重要文化財旧朝香宮邸です。
出入口等に小段差があり、間口が一部狭くなっています
(70-80cm程度)。
車いすによっては鑑賞できない場合がありますので、
美術館で用意している自走式車いすに乗り換えることをお薦めしているそうです。
来館日時が決まっている場合、事前に美術館に連絡すると良いそうです。
(問合せ先:03-3443-0201)
一人でのご来館が難しい場合は、付き添いの方との鑑賞をお薦めしているそうです。

JR目黒駅からのアクセスとして、
勾配が緩やかで高速道路下の経路が簡潔な目黒通り側のルートを推奨しているそうです。
また、目黒通り側の街灯には庭園美術館のフラッグが並んでおり、
目印として確認できるとのことです。
(引用元:「東京都庭園美術館」公式サイトより)

地図⇓⇓

東京都庭園美術館の「象徴」の旧朝香宮邸です。
IMG_3739

「旧朝香宮邸」(重要文化財)のリーフレットです。
IMG_3800

「旧朝香宮邸」の玄関及び美術館の入り口です。
IMG_3788

玄関側(入り口)から見た風景です。
IMG_3790

庭園入り口です⇓⇓
IMG_3740

芝庭
朝香宮邸時代から引き継がれてる芝生で覆われたエリアです。
中央にあるむくのきは本館(旧朝香宮邸)の大食堂付近にあったそうです。
椅子が置いてあり、旧朝香宮邸を眺めながらゆっくりと寛げます。
(引用元:リーフレットより)
IMG_3742

むくのきからのこもれび
IMG_3771

西洋庭園に向かう途中のこもれび(紅葉が楽しみです)
IMG_3743

芝庭から眺める旧朝香宮邸
IMG_3772

芝庭から望む旧朝香宮邸
IMG_3786



西洋庭園
事務官の官舎がありましたが、その後庭園となり、
美術館に引き継がれました。
2018年に園路や樹木を整備したそうです。
春になれば、ワシントンから里帰りした桜が楽しめるそうです。
(引用元:リーフレットより)
IMG_3762

至る所にベンチとテーブルがあるのでのんびりできて、
ピクニックも楽しめます。
IMG_3763

日本庭園
芝庭とともに、朝香宮邸時代から引き継がれている庭園です。
築山と池を備え、起伏に富んだ景観となっております。
茶室もあり、秋の紅葉が一段と見事です。
(引用元:リーフレットより)

IMG_3750

池の錦鯉です。
IMG_3747

橋があります。
IMG_3748

池の水面にうつる紅葉です。
IMG_3761

茶室・池・紅葉が映えます。
季節が進めば更に情緒あふれる風景になるのでしょうね。
IMG_3751

茶室の側面からは人工の滝と小川が流れています。
IMG_3777

茶室の入り口です。
IMG_3765

茶室「光華」の説明看板です。
IMG_3781

茶室「光華」の内部です(飲食物持ち込みは禁止です)
IMG_3778

茶室「光華」の内部②です
IMG_3779

茶室「光華」の説明リーフレットです。
IMG_3804

チケット売り場隣のミュージアムショップで買ったお土産です。
ハロウィン期間、ということでお菓子も頂きました♪
IMG_3798

正に別世界でした。
80代間近のご夫婦から、幼稚園児や乳幼児連れの若いママさんまで、
あらゆる年代の方々が訪れていました。

隣の施設です⇓⇓
国立科学博物館 附属自然教育園に行きました~行き方・画像及び映像あり~秋の身近なお出かけ。

都立「旧古河庭園」です。
旧古河庭園 攻略法 行き方・画像あり~都立庭園に行きましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

関連記事

  1. 100%オーガニックの有機野菜セットが送料込で1000円~そもそ…
  2. IMG_3856 身延山に行きました!ロープウエイ(割引あり)で思親閣、久遠寺にも…
  3. 匂い消し 洗濯してもTシャツが臭い~簡単に匂いを消す方法にて成功
  4. 江ノ島塔から 江ノ島めぐり歩き~日本五大弁財天~江ノ電動画もあります。
  5. 穴守稲荷 穴守稲荷に行ってきました~都内飛行関係お参り~
  6. IMG_2519 洞川湧水群~奈良旅⑧
  7. IMG_3371aa 菅谷館跡と鶴ヶ峰・二俣川の古戦場散策~畠山重忠公の足跡を訪ねて。…
  8. IMG_3061 横浜市電保存館~夏休みの自由研究でも、電車好きの方にもおススメで…

カテゴリー

人気記事一覧

  1. ジクロフェナク
  2. チアダン7
  3. 健康に良いノンアルコールビール
  4. IMG_2759
  5. ハイヒール8
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PAGE TOP