旧芝離宮恩賜庭園~何度でも訪れたくなる見所が凝縮された庭園~攻略方や行き方・画像あり~都立庭園に行きましょう!

IMG_4303

スポンサーリンク

旧芝離宮恩賜庭園(きゅうしばりきゅうおんしていえん)】※ペット連れの入園はダメです
今東京に残る江戸初期の大名庭園の一つです。
回遊式泉水庭園の特徴をよくあらわした庭園で、
池を中心とした庭園の区画や石の配置は、非常に優れています。
明暦(1655~1658年)の頃に
海面を埋め立てた土地を、
延宝6年(1678年)に
老中・大久保忠朝が4代将軍家綱から拝領しました。
庭園は「楽壽園」と呼ばれていました。
庭園は、幾人かの所有者を経たのち、
幕末頃は紀州徳川家の芝御屋敷となりました。
明治4年には有栖川宮家の所有となり、
同8年に宮内省が買上げ、翌9年に芝離宮となりました。
離宮は、大正12年の関東大震災の際に建物や樹木に大変な被害を受けました。
翌年の大正13年1月には、
皇太子(昭和天皇)のご成婚記念として東京市に下賜され、
同年4月に一般公開しました。
昭和54年6月には、
文化財保護法による国の「名勝」に指定されました。
★開園年月日:大正13年4月20日
★開園面積:
庭園: 42,035.40平方メートル
開放公園:1,139.96平方メートル(平成27年7月1日現在)
(引用元:東京都公園協会「旧芝離宮恩賜庭園」公式サイトより)

所在地
〒105-0022
東京都港区海岸1-4-1
電話
03-3434-4029
開園時間
午前9時~午後5時
(入園は午後4時30分まで)
休園日
年末・年始
(12月29日~翌年1月1日まで)
入園料
一般:150円
65歳以上:70円
(小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料)
IMG_4283

【20名以上の団体】
一般:120円
65歳以上:50円
 
※身体障害者手帳、愛の手帳、精神障害者保健福祉手帳または療育手帳持参の方と付添の方は無料。
※無料公開日 みどりの日(5月4日)、都民の日(10月1日)
   
【年間パスポート】
一般:600円
65歳以上:280円 

【9庭園共通年間パスポート】
一般:4000円
65歳以上:2000円

9庭園
「浜離宮恩賜庭園(はまりきゅうおんしていえん)」
「旧芝離宮恩賜庭園(きゅうしばりきゅうおんしていえん)」
「小石川後楽園(こいしかわこうらくえん)」
「六義園(りくぎえん)」
「旧古河庭園(きゅうふるかわていえん)」
「向島百花園(むこうじまひゃっかえん)」
「清澄庭園(せいちょうていえん)」
「旧岩崎邸庭園(きゅういわさきていていえん)」
「殿ヶ谷戸庭園(とのがやとていえん)」

六義園
六義園に行きました、紅葉&ライトアップ始まる!攻略法・行き方、画像あり~都立庭園に行きましょう!

勝ちたい人におススメの神社です⇓⇓
駒込妙義神社・「戦勝の宮」~豊島区最古の神社~勝ちたい人におススメ!旧古河庭園の経路にあります。

旧古河庭園
旧古河庭園・紅葉始まる!攻略法 行き方・画像あり~都立庭園に行きましょう!

浜離宮恩寵庭園
浜離宮恩賜庭園~江戸とTOKYOの融合~攻略法・行き方、画像あり~都立庭園に行きましょう!

小石川後楽園
小石川後楽園~特別史跡と特別名勝の重複指定~今が紅葉の見ごろ!攻略方や行き方・画像あり~都立庭園に行きましょう!



交通アクセス
JR山手線・京浜東北線「浜松町」下車北口 徒歩1分
都営地下鉄大江戸線「大門」(E20)下車 徒歩3分
都営地下鉄浅草線「大門」(A09)下車 徒歩3分
ゆりかもめ「竹芝」下車 徒歩10分
浜離宮恩寵庭園】から徒歩15分~20分弱
下の地図の「現在地」の横断歩道を渡ります、
IMG_4280

児童公園が隣接しています。
IMG_4281

旧芝離宮恩賜庭園の由来と庭園案内図です。
IMG_4282

庭園の出入り口です。
IMG_4284

★★★園内の散策時間は約70分でした★★★

★★散策してみて気がついたこと★★
(1)見どころや撮影ポイントが多いので、規模の割には長時間過ごせます。
石組み・池・起伏に富むという庭園なので、
アングルを変えて眺めるとまた違った風景や写真が楽しめます。

(2)決して広くない庭園なので混雑があります。
ガイドツアーなど集中してしまう時間帯があり、
通行さえも困難な時があります。
その時は別のルートに迂回するか、ひたすら待ちましょう。
また、佇んでいると、ガイドに注意される時もあります。
その際も微笑をもって退きましょう。

(3)石畳みや起伏に富んだ作りなので、滑りにくく歩きやすい靴で散策しましょう。

(4)年間パスポートは600円。
晴れている昼下がりは、真夏以外はゆっくりと過ごせます。
職場等近ければ、何度でも足を運べてしまいそうです。
春のサクラ、ツツジ、藤棚、夏の花しょうぶや紫陽花、
秋の紅葉、冬のロウバイ、スイセンなど一年中楽しむことができます。
年間パスポートはいかがでしょうか?

(5)朝日や夕暮れでその表情が変化します。
高いビルが隣接する地区なので、晴れている日は、
時間帯によって、かなりの規模の日影ができます。
午前9時から開園しているので、朝一番で訪れてみると
光具合でまた違った風景が楽しめると思います。

見どころ
「小池」と「大泉水」、手前に「浮島」、奥に「中島」、
遠くにあずまやが見えます。
IMG_4287

「大山」です。
IMG_4297

「大山」からの眺めです。
IMG_4298

深まりゆく秋の風景・・・
IMG_4300

「大山」の下にある「枯滝石組」
IMG_4306

「枯滝石組」その2
IMG_4307

「石柱」
IMG_4308

「根府川山」
IMG_4311

「根府川山」と紅葉と水面
IMG_4310_censored

「大島」と「石橋」
IMG_4315

「根府川山」と「鯛橋(たいばし)」と紅葉
IMG_4320

「唐津山」
IMG_4319

「大島」と「石橋」と遠くに「西湖の堤」を見る
IMG_4321_censored

「九尺台(きゅうしゃくだい)」
IMG_4323

ライトアップの場所のひとつ
IMG_4325
⇑ライトアップ(11月21日から11月24日)

「海水取入口跡(かいすいとりいりぐちあと)」
IMG_4328

「西湖の堤(せいこのつつみ)」
IMG_4330

「西湖の堤(せいこのつつみ)」その2
IMG_4332

「雪見灯篭(ゆきみとうろう)」と「州浜(すはま)」
IMG_4331_censored

「西湖の堤」から「中島」へ
IMG_4334

「中島」説明札
IMG_4336

「中島」
IMG_4337_censored

「中島」の石組
(老中・大久保忠朝の藩邸・楽壽園の頃からのもの)
IMG_4344

「砂浜」と紅葉
IMG_4346



紅葉を眺めながらランチ
(丁度、仕事の昼休み時で、ビジネスマンらが「サラメシ」していました)
IMG_4348

ビジネス街のオアシスです。
IMG_4350

「砲台跡」があったそうです。
(今はもう跡形もなく、見つけられませんでした)
IMG_4351

11月28日 いい庭(1128)の日は庭園へ行こう!
11月28日を「いい庭の日」として、
9庭園合計で先着1万名様に庭園オリジナルグッズをプレゼントするそうです!

11月28日(水)(イイニワの日)にイベントがあるそうです。
13:15~13:45です(雨天は11月29日に順延)
IMG_4354

工事中で通行止めになっていた箇所のパネルです。
IMG_4355

今の見どころ
紅葉
(ハナミズキ、ニシキギ、ハゼ、モミジ、ケヤキ、サクラ)、ヒガンバナ、ツワブキ)
IMG_4312

紅葉その2
IMG_4324

11月3日~12月9日 都立庭園紅葉めぐりスタンプラリー
都立9庭園では、紅葉の時期に合わせて、
「都立庭園紅葉めぐりスタンプラリー」が開催されます。
期間中に、都立9庭園の中から5庭園をめぐって庭園スタンプを集めた方
先着10000名様に「都立庭園カレンダー2019」を差し上げます。
また、5庭園分のスタンプを集め、応募された方の中から、抽選で素敵なプレゼントが当たるそうです。

地図です⇓⇓

東京都庭園美術館です⇓⇓
東京都庭園美術館に行きました~行き方・主に庭園の画像あり~身近に自然に親しもう。

自然教育園です⇓⇓
国立科学博物館 附属自然教育園に行きました~行き方・画像及び映像あり~秋の身近なお出かけ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

関連記事

  1. 香取神宮 奥宮 香取神宮と鹿島神宮参拝~人生の勝負事や合格祈願にもお勧め?
  2. 列車内 京王ライナーのスマホ購入と決済作業の注意点~京王線チケットレスサ…
  3. こいのぼりと川 相模川のこいのぼりと大凧あげ~ゴールデンウイークの相模川のイベン…
  4. IMG_3061 横浜市電保存館~夏休みの自由研究でも、電車好きの方にもおススメで…
  5. 北畠氏館跡・美杉リゾート(三重県)~奈良旅⑮
  6. スマートウォッチ スマートウオッチ、使ってみました。~使い始めました
  7. 犬吠埼と犬吠埼灯台です~銚子へ行ってまいりました。
  8. IMG_1706 服部牧場と県立あいかわ公園~宮ケ瀬ダムに隣接する公園~

カテゴリー

人気記事一覧

  1. 温泉につかる
  2. 瀬戸内海の島
  3. よみうり夜景_censored
  4. ケンカツ8
  5. 4人の少年
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PAGE TOP