京都鉄道博物館・扇形車庫には往年のSLが大集結!!SL走行やトワイライトエクスプレスも展示!

京都鉄道博物館 扇形車庫

スポンサーリンク

【京都鉄道博物館】

京都鉄道博物館(きょうとてつどうはくぶつかん、
英語:Kyoto Railway Museum)は、
京都府京都市下京区観喜寺町に、
2016年4月29日に開館した鉄道博物館です。
西日本旅客鉄道(JR西日本)および
公益財団法人交通文化振興財団が運営しています。

【所在地】
京都市下京区観喜寺町

付近の風景

<場所>

【開館時間】
午前10時~午後5時30分
*入館は午後5時まで
【入館料金】
一般⇒1200円
大学生・高校生⇒1000円
中学生・小学生⇒500円
幼児(3歳以上)⇒200円
その他割引など

【休館日】
毎週水曜日(祝日は開館)・年末年始

開館日カレンダー

【施設について】
2014年(平成26年)4月6日に閉館した
交通科学博物館の収蔵物の一部と、
2015年(平成27年)8月30日に閉館した
梅小路蒸気機関車館の収蔵物を展示し、
梅小路蒸気機関車館を拡張・リニューアルを行い、
2016年(平成28年)4月29日に
グランドオープンしました。

京都鉄道博物館の開館工事にあたり、
蒸気機関車の解体検査や
修理に特化した専用検修庫(第2検修庫)を新設しました。
第2検修庫では、
蒸気機関車を吊り上げることができるクレーンを設置し、
作業風景を外から見学できるよう、
施設の一部はガラス張りになっています。

全体で展示面積は約31000㎡で、
開館時点においては、
JR東日本の鉄道博物館(埼玉県さいたま市大宮区)や
JR東海のリニア・鉄道館(愛知県名古屋市港区)を
面積・展示車両数で上回り、
日本最大の鉄道博物館でした。
但し、2018年7月の鉄道博物館の増床により、
面積では現在では日本最大の座を明け渡しています。

また、梅小路蒸気機関車館時代から引き続き、
構内施設の一部は車両基地(梅小路運転区)
としての機能も保持しています。
また、営業線扱いの展示引き込み線には
標識類も設置されています。

【名称について】
なお、「京都鉄道博物館」の名称は、
JR東日本グループである
東日本鉄道文化財団の登録商標となっています。
(第5696237号、第5696430号)
これは2007年に開業した
さいたま市の「鉄道博物館」の名称を、
同財団が先に商標登録していたことと
関係するとみられているそうです。
(第4816677号、第4828417号)

2016年4月28日、
イギリス国立鉄道博物館との
姉妹提携継続調印式が行われました。

2017年1月23日、
関西元気文化圏賞大賞を受賞しました。



公式サイトです⇓⇓⇓
京都鉄道博物館

【館内】

公式サイトの館内案内図です⇓⇓⇓
フロアマップ

【プロムナード】
エントランスホールと本館とをつなぐ全長約100mの空間です。
駅のプラットホームをイメージした屋外スペースとなっています。
自然の光と風が通り抜ける空間に、実物車両が編成で展示されています。

<C62形26号機>
日本最大の旅客用蒸気機関車で、
東海道本線や山陽本線で活躍していました。
プロムナード C62形26号機

<クハ86形1号車>
戦後初の長距離電車として登場し、
東海道本線や山陽本線で活躍していました。
プロムナード クハ86形1号車

<0系21形1号車>
開業当時、世界最速の200km/h以上での
営業運転を実現したこの車両は、
外観から内部構造に至るまで、
当時の国鉄の車両技術を結集したものです。
展示予定の4両は、
各形式のトップナンバーを付した4両で、
約600万km走行した後、
1978年(昭和53年)3月に引退しました。
プロムナード 0系21形1号車新幹線

<クハ103形1号車>
1964年に登場した国鉄を代表する通勤型電車。
プロムナード クハ103形1号車大阪環状線

【本館1F】
広大な吹き抜け構造となる本館1階。
黎明期から現代に至る鉄道の歴史、
鉄道のしくみと特長、
そして車両の魅力などを、
実物車両や工夫を凝らした体験型の展示などで
わかりやすく紹介しています。

<500系521形1号車>
当時世界最速の300km/hでの営業運転を実現した新幹線電車。
本館1階 新幹線500系

<クハネ581形35号車>
座席と寝台で両用可能な設備をもった世界初の特急用交直流電車。
本館1階 クハネ581形35号車月光

<クハ489形1号車>
国鉄を代表するボンネット型の特急用交直流電車。
本館1階 クハ489形1号車雷鳥

<1800形1801号機>
イギリスから輸入された勾配線区用の蒸気機関車。
本館1階 1800形1801号機蒸気機関車

<230形233号機>
国産初の量産型蒸気機関車で、国の重要文化財に指定される。
230形233号機

<ヨ5000形5008号車>
最初のコンテナ特急「たから」号の乗務員用車両として使用されていました。
本館1階 ヨ5000形5008号車特急型貨物車掌車

<ワム3500形7055号車>
大正時代の大型貨車で、
昭和30年代後半まで多く使用されていました。
ワム3500形7055号車

<キハ81形3号車>
1960年に登場した国鉄初の特急用ディーゼルカー。
キハ81形3号車

昭和の駅舎

昭和の改札口

<EF52形1号機>
国産初の大型の直流電気機関車で、本機は阪和線などで活躍していました。
EF52形1号機

<100系122形5003号車>
0系新幹線電車の後継機として活躍した新幹線電車。
100系122形5003号車



【トワイライトプラザ】
大正時代を代表するトラス構造を持つホームとして、
歴史的価値を有する2代目京都駅。
その上家を再利用して造る空間に、
トワイライトエクスプレスなどの
貴重な車両が展示されています。

<スロネフ25形501号車>
「トワイライトエクスプレス」
1989年(平成元年)に登場し、
2019年3月12日に引退した
寝台特急「トワイライトエクスプレス」のA個室車両です。
「スイート」1室と「ロイヤル」4室の客室を備え、
特に「スイート」は眺望のための大きな窓があり、
移動手段としてではなく、
乗車時間を楽しむ部屋として大変人気がありました。
トワイライトエクスプレス

<EF81形103号機>
関西から青森までの直通運転を可能にした交直流電気機関車。
EF81形103号機

<EF65形1号機>
1965年から製造された直流電気機関車で全国で活躍しました。
EF65形1号機

<食堂車内部>
食堂車内部

<寝台車内部>
寝台車内部



【本館2F】
本館1Fの展示車両を見下ろす
吹き抜け構造の本館2F。
体験型の展示やレストランや休憩所などがあります。
鉄道ジオラマもあります。

<3段式寝台車>
3段式寝台車

<自動改札>
体験型 自動改札機

【本館3F】
本館3Fの南側に、
花や緑がいっぱいの明るく広々とした屋外展望デッキ
「スカイテラス」を設けています。
一日を通じて、JR京都線や東海道新幹線など
多くの走行車両を見ることができる鉄道ビューポイントです。

【スカイテラスからの電車の風景1】<動画>

【スカイテラスの電車の風景2】<動画>

【スカイテラスからの電車の風景3】<動画>

【スカイテラスからの電車の風景4】<動画>

【扇形車庫】
国指定の重要文化財で、
現存する日本最古の鉄筋コンクリート造りの扇形車庫と、
蒸気機関車がダイナミックに回転しながら
向きを変える転車台。
動態保存車両8両(営業運転車両3両)を含む
代表的な蒸気機関車20両が保存・展示されています。

扇形車庫

<1070形1080号機>
イギリス製、明治期の6200形から改造された蒸気機関車。
1070形1080号機

<9600形9633号機>
日本で最初の量産タイプの貨物用蒸気機関車。
9600形9633号機

<C11形64号機>
1932年から製造されたローカル線や
構内入れ換え用として活躍していました。
C11形64号機

<C56形160号機>
1935年から製造された小型の蒸気機関車で、
旅客・貨物用で活躍していました。
C56形160号機

<D51形200号機>
日本を代表する蒸気機関車で、
現在本線運転のため整備されています。
D51形200号機

<7100形7105号機「義経」号>
北海道最初の幹線鉄道として建設された幌内鉄道に、
アメリカより最初に輸入された機関車です。
1号機として「義経」と名付けられました。
1952年(昭和27年)に
鉄道開業80周年を記念して自走可能に復元されました。
2014年(平成26年)、
梅小路運転区100年を記念し、
石炭と水で走行可能な状態に復元されました。
7100形7105号機「義経」号

<C62形1号機>
日本最大の旅客用蒸気機関車で、
D52形のボイラーを流用して製造されました。
C62形1号機

<C55形1号機>
1935年から製造された中型の旅客用蒸気機関車でC54形の改良型。
<C58形1号機>
1938年から製造され、ローカル線の旅客・貨物用として活躍していました。
<D50形140号機>
1923年から製造された貨物用蒸気機関車で
輸送力を飛躍的に高めました。
<D52形468号機>
日本最大の貨物用蒸気機関車で、
戦時中の石炭輸送に活躍しました。
扇形車庫の機関車たち



【SLのりば】
本物の蒸気機関車が牽引する
客車に乗車できる人気の体験展示「SLスチーム号」。
毎日欠かさずに蒸気機関車を運行しております。
これは日本でも数少ない取り組みなのです。

【蒸気機関車】<動画>

【引込線】
館外に延び、
実際の営業線とつながる引込線を活用して、
現役で運行している車両なども臨時で
展示する予定とのことです。

<オハ25形551号車>
寝台特急「トワイライトエクスプレス」専用客車。
オハ25形551号車

<オハ46形13号車>
急行用客車を軽量化した客車で、国鉄末期まで活躍していました。
オハ46形13号車

【交通アクセス】
【徒歩】
峨野線「梅小路京都西駅」⇒徒歩2分
JR「京都駅」中央口⇒西へ徒歩約20分

【バス】
京都市バスをご利用の方【B3バスのりば】
205・208系統乗車約10分。
「梅小路公園・JR梅小路京都西駅前」下車徒歩約3分。
急行104・急行110・86※・88※系統いずれか乗車約10分。
「梅小路公園・京都鉄道博物館前」下車徒歩すぐ。
※土休日のみ運行

京阪京都交通バスをご利用の方【C2バスのりば】
2・14・15※・26・26B・28A系統いずれか乗車約10分。
「梅小路公園・JR梅小路京都西駅前」下車徒歩約3分。
※土休日のみ運行

⇒バス下車後、徒歩で鉄道博物館へ。
バス停「梅小路公園・JR梅小路京都西駅前」下車の場合
バスから降りると左手の梅小路公園内を直進し、
右手の高架をくぐり、エントランスホールから入ります。

⇒バス停「梅小路公園・京都鉄道博物館前」下車の場合
すぐ横にエントランスホールが見えるので、
そちらから入ります。

京都線「西大路駅」⇒東へ徒歩約15分

阪急京都線「西院駅」より市バスで約15分
205系統(西大路七条 京都駅行き)
「西大路四条」にて乗車し、
「梅小路公園・JR梅小路京都西駅前」にて下車。
バスから降りると右手の梅小路公園内を直進し、
右手の高架をくぐり、エントランスホールから入ります。

阪急京都線「桂駅」より京阪京都交通バスで約15分
14・2・28・28A・28B・15・26・26B系統
「桂駅東口」にて乗車し、
「梅小路公園・JR梅小路京都西駅前」 にて下車。
バスから降りると右手の梅小路公園内を直進し、
右手の高架をくぐり、エントランス ホールから入ります。



【駐輪場】
自転車(収容台数:141台)、
原付バイク(50cc以下)
(収容台数:14台)の駐輪場(有料)があります。

梅小路公園の駐輪場

【駐車場】

周辺駐車場

所要時間:3時間程度

黒部峡谷トロッコ電車に乗ってきました~黄色とオレンジの紅葉が綺麗です~

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

関連記事

  1. 猿田神社 猿田神社(さるたじんじゃ)参拝~銚子へ行ってまいりました。
  2. 地下鉄博物館 地下鉄博物館(ちかはく)攻略法 地下鉄の展示がたくさん 画像・動…
  3. I円行公園 円行公園(藤沢市湘南台)~梅と富士山・桜並木と引地川~
  4. 塩船観音寺 塩船観音寺を訪ねて・行き方、現地画像あり~青梅に行ってきました。…
  5. 水無月園6.5 水郷佐原あやめ祭り~佐原のお祭り、7月はハス祭りも開催!(201…
  6. ランプ小屋 旧敦賀港駅ランプ小屋~初期の鉄道重要施設~全国で3番目の大きさ
  7. 羽田神社富士塚 羽田神社に行ってきました~都内飛行関係お参り~
  8. FP2級の学習 子育て中パート40代主婦でもFP合格出来た秘訣~ファイナンシャル…

カテゴリー

人気記事一覧

  1. 雪と鉄道
  2. 卒業スーツ
  3. 狭井神社
  4. サクラサク
  5. 2018カナダ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PAGE TOP