健康で文化的な最低限度の生活第5回は扶養照会のお話です。第4回はリスク考慮の人生設計を、でした。

ケンカツ5

スポンサーリンク

健康で文化的な最低限度の生活」第回は8月14日(火)午後9時からフジテレビ系列で放送です。
主要キャストの紹介はこちらからどうぞ⇓⇓⇓
「健康で文化的な最低限度の生活」主要キャスト紹介、フジ系火曜7月17日から午後9時放送

精神疾患(自称)を患う
生活保護受給希望者の父親は、総合病院の院長でした・・。
親族による援助が可能かどうかの判断となる
「扶養照会」を拒否します。
その背景にある父と息子の関係とは?
阿久沢のアパートを訪れた「娘」は本当に「娘」?
手紙の文面とのギャップがありすぎて・・・。
そっちも気になります!

【第5回のあらすじ】
ある日、生活保護を受けたいと、
一人の男が窓口を訪れます。
男は島岡光(しまおかこう)と名乗ります。
島岡は、自分がうつ病である以外は何も話そうとせず、
親族による援助が可能かどうかを確認する
「扶養照会」も頑なに拒否をするのでした。
京極は頭を抱えつつ、
島岡に生活保護を認めるか否かの判断をする
調査をえみるに指示します。
島岡の元を訪ねたえみるは、何とか家族について、
聞き出そうとしますが、
島岡は途端に激しい貧乏ゆすりを始めて、
父との連絡は「無理なんで」と異常な拒絶を見せるのでした。
えみるは、島岡がただ、甘えているだけではないのかと思い、
いらだちを募らせます。
仕方なく、えみるが島岡の戸籍を元に父親の事を調べると、
驚きの事実が判明するのです。
何と島岡は島岡雷という
輝かしい経歴を持つ総合病院の院長の息子だったのです。
父親に収入があると判断した京極は、
早速に扶養照会を進めるように指示を出しますが、
島岡が人には言えない何か悩みを抱えているのではないかと
考えた半田は慎重になるべきだと京極に進言し、
二人の意見は真っ向から対立してしまいます。
案の定、
えみるから扶養照会することを聞かされた島岡は激しく拒否します。
どんなに尋ねても、その理由を明かそうとはせず、
いらだちを隠せなくなったえみるは
「決まりだから仕方がない」と島岡の希望を突っぱねてしまいます。
すると、島岡はある行動に出てしまい・・・。
其のころ、静岡のとある病院では、
雷がデスクに飾ってある写真を愛おしそうに見つめていました。
そこ映っていたのは、
6年前にいなくなった頃の息子の光でした。
(引用元:「健康で文化的な最低限度の生活」公式サイトより)

健康で文化的な最低限度の生活第4回はシングルマザーの登場。第3回は納得して一家の絆も深まる。

【第4回】
前回に引き続き、母子家庭のお話で、
担当者も母子家庭育ち、という回でした。
きちんと大学を出て、会社に就職しても、
どこかで人生の歯車がかみ合わず、ズレが生じ、
あっと気が付いた時は、
どうにもならなくなっていた時は意外とあるのです。
岩佐朋美の場合は、
まさに母子を護るための
生活保護受給となっていたのですが、
一度は華々しく活躍していた時もあり、
またかつての友人の現在も続く華のある生活と
今の自分を比べてしまい、自分を責めて、
子供をも責めてしまい、
病気までなってしまうほど
追い詰められてしまったのでした。

物事は考えようで、
腹を括れば、逆に「生活保護」であることを
いい意味で利用し、子供のそばに寄り添って
しっかり子育てをして子供を一人前にさせている母親もいます。
ただ、その場合、問題なのは、
子供が独立して自分一人になった時に、
これまでの数十年間、
ずっと働いていなかったので、
今度は社会復帰が難しくなってしまうのです。
そうなると、
いったい何のための生活保護なのか
わからなくなってしまいます。
受給を受けつつも、
社会復帰のための支援にもっと取り組む必要性がありますね。
これは、子育てだけではなく、「介護」も同じです。
そういった訳で、
生活保護を受給しつつも、
パート収入も得ていた第2・3回で登場していた聡美さんは、
名前の通り、聡い方、でしょう。

岩佐朋美は病気療養のため、
就労はしばらく行わないことになりましたが、
では実際には、病気と闘いながらも子育てをして、
お仕事もしているお母さんも結構多いです。
そして、公的支援を受けて、通院している方には、
就労のための職業訓練や就活あっせんがあったりして、
費用が出たり、あっせんも優先されたりしますが、
「公的支援」を受けているので、
雇用は「(精神)障がい者」枠となり、
賃金設定が最初から低く設定されていたりします。
それが嫌で、
何とか頑張って治そうとしている方もいます。
でも、現実は厳しく、
年齢もどんどん重ねてしまうため、
ジレンマが生じ、ストレスとなって、
病気療養も長期化してしまったりします。

従って、第4回のお話も、
病気療養のため就労はしない、でおしまい、
ではなくて、その後も描いてほしいな・・と思います。
大変なのは、これからですから。
岩佐さんも、聡美さんのように、
いずれは働かなくてはなりません。
最初は、子育て優先で、働いて得た賃金と生活保護の二本立てで、
徐々に生活保護の受給の比率を減らしていくような働き方。

「これにて一件落着!」といかない所が、
このテーマの難しいところですね。
ひたすら地味で、スッキリ解決!ではなく、
複数の問題提起があり、
どうしてもモヤモヤ感が残ってしまいますが、
よくぞ、連続ドラマにしてくれました!

人間、何が起こるかわからないし、
何か起きても生き抜いていかなければならないので、
このドラマは、そうした場合の「一つの提案」として、
見て考えさせられるところがあります。

一昔前なら決して、連続ドラマにはならなかった題材です。
時代はそれほど、生き難い時代を迎えているのかもしれません。

第5回です⇓⇓
健康で文化的な最低限度の生活第6回は闇から息子を救う方法とは?第5回は親子関係とは何、でした。

TBS系列火曜ドラマの第4回の記事です⇓⇓⇓
義母と娘のブルース第5回は良一さんが入院、そして?第4回は、結婚理由を視聴者に報告、でした。

日テレ系列水曜ドラマの第4回です⇓⇓
高嶺の花第5回は「高嶺の花」に相応しい条件とは?第4回はやっぱり本当の父は高井さん、でした。

TBS系列金曜ドラマの第4回です⇓⇓⇓
チア☆ダン第5回はかつての仲間との対峙です!第4回は心に響く踊りが大切、でした。

NHK総合金曜ドラマの第3回です⇓⇓⇓
透明なゆりかご第4回は陽だまり夫婦を待つ過酷な運命、第3回は深い悲しみを受け止めたのは真摯な存在。

日テレ系土曜ドラマの第4回の記事です⇓⇓
サバイバル・ウエディング第5回は自信を持って自分の強みを生かす事?第4回は涙のバースディと希望の光、でした。

TBS系列日曜ドラマの第4回です⇓⇓⇓
この世界の片隅に第5回は、戦時下ですが揺れる想い?第4回は物資も自分も「代用品」。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

関連記事

  1. 猫悲しみ anone(あのね)第9回の感想と第10回(最終回)へ。~今クー…
  2. 高嶺の花3 高嶺の花第3回は元カレに振られたのは誰かの策略か?第2回は多彩な…
  3. サバイバルウエディング6 サバイバル・ウエディング第6回は恋も仕事も友情も大ピ~ンチ!第5…
  4. 3つの塔 きみが心に棲みついた第3回の感想と第4回は?~今クールドラマあれ…
  5. 透明なゆりかご6 透明なゆりかご第6回は命が授かる事とは?第5回は愛情のリレーと自…
  6. 義母と娘2 義母と娘のブルース第2回は亜希子と良一の結婚理由が判明?第1回は…
  7. ケンカツ8 健康で文化的な最低限度の生活第8回いよいよアルコール依存症です。…
  8. 高嶺の花8 高嶺の花第8回姉妹対決!対照的な仕上がりにその結果は?第7回は種…

カテゴリー

人気記事一覧

  1. 宮ケ瀬ダム放流
  2. 横浜コスモ
  3. 穴守稲荷
  4. IMG_2759
  5. 高嶺の花9
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PAGE TOP