健康で文化的な最低限度の生活第4回はシングルマザーの登場。第3回は納得して一家の絆も深まる。

ケンカツ4

スポンサーリンク

健康で文化的な最低限度の生活」第回は8月7日(火)午後9時からフジテレビ系列で放送です。
主要キャストの紹介はこちらからどうぞ⇓⇓⇓
「健康で文化的な最低限度の生活」主要キャスト紹介、フジ系火曜7月17日から午後9時放送

さて、第4回は、子育て・求職活動に熱心な、
シングルマザーが、突然に音信不通になってしまうのです。
担当の七条は母子家庭で育っており、
朋美を何かと応援しますが、
それが朋美とってはストレスとなっていくようで?
また、阿久沢にも、元妻の死という辛い知らせが届いたのでした・・。

【第4回のあらすじ】
1年前に夫によるDVで離婚して以来、
生活保護を受けている岩佐朋美が
七条を訪ねて窓口にやってきます。
朋美は6歳になる娘を育てながら、求職活動にも熱心で、
積極的に活動し、七条はそんな朋美に対して、
同じく女手一つで自分を育ててくれた母の姿を重ねて、
熱心に就職活動を勧めます。
一方、朋美の面談中に娘の咲と遊んでいたえみるは、
咲の異変に気付き、
朋美が咲をストレスのはけ口にしているのではないか?
と疑い、すぐに七条に相談します。
が、朋美びいきの七条は「あの人なら大丈夫」と、
まともに取り合おうとはしませんでした。
しばらくして、求職活動の状況を確認しようと、
七条が連絡すると朋美は
「面接を受けた会社に採用された」
という嬉しい報告を受けるのでした。
その報告に、まるで自分の事の様に大喜びする七条でしたが、
その日を境に、朋美とは連絡がつかなくなってしまいます。
更に、街中で、七条が朋美に声をかけると、
朋美は慌てて逃げ出し、
その真意がわからない七条は頭を抱えてしまうのでした。
七条の上司である京極は、
これ以上連絡が取れないようならば、
朋美の生活保護を打ち切るように
検討するようにと命じます。
するとそこへ朋美の妹が訪れて、
就労が決まったという朋美の話が
虚偽だったことが判明します。
仕事でのつまづき、夫によるDV、生活保護を受けている負い目、
同年代の女性たちと自分の人生を比較し、
追い詰められていた朋美は、
とっさにうそをついてしまったのでした。
七条はそんな朋美の精神状態を心配しつつも、
今まで通りに「負けないでほしい」とか
「頑張ってほしい」などの
励ましの言葉を朋美にかけるのです。
朋美も、やる気を見せるのですが、
その表情から、
これでは朋美が、やがて壊れてしまうのではないか?
と心配してしまうのでした。
そして、就労に向けて再び話し合いをしている七条と、
言い争ってしまうのです。
その一方、娘からの手紙で、
別れた妻が他界したことを知った阿久沢は、
仕事に身が入らなくなってしまうのです。
ようやく借金を完済し、
人生を再スタートさせた矢先の悲しい知らせです。
そして、そんな阿久沢に、
更なる人生の転機が訪れようとしていたのでした。
(引用元:「健康で文化的な最低限度の生活」公式サイトより)

健康で文化的な最低限度の生活第3回は、どうなる日下部家?欣也、でっかい心をもて!第2回の感想はきちんと申告しましょうね。

【第3回】
崩壊の危機を迎えた日下部家は、
欣也の理解もあって、一件落着となりました。
やっぱり、親がきちんと欣也に教えていれば、
このような騒動は起きなかったので、
もう子供ではないのだから、
教えていきましょう、というお話でした。
欣也君は今後、とても頼りがいのある息子になるでしょう・・。
本当に厳しいのは、支払っていく今後ではありますが・・・。
あと、あくまでも、実家の父親や(父親の父親は自身が小3の時に戦死)、
知り合いからみた印象なのですが、
母子家庭で育った男の子は、
実は、心の芯がもろいところがあり、案外挫折に弱く、
また、「頑張ろう」「期待に応えよう」と
気負いすぎてしまう所も多々あったりします。
なので、気持ちを大きくもって、
ゆったりとやり過ごすことも
教えてあげて欲しいと思います。
そうした懸念が、次回に早速、
形となってあらわれるようですね。
母子家庭で育った七条が、一波乱起こしてしまう様です。
そう、母子家庭で育った子供は、
どんな状況でも「頑張ろう」という思いで育ってきたので、
励ますことは、
同時に自分をも奮い立たせるツール、だったりします。
母子家庭、ということだけで、就職も制限されるし、
実は公務員の採用も厳しかったりします。
独身の頃、住んでいた隣の自治体では、実際に、
母子家庭の子が、
その自治体の採用試験を受けて突破するには、
強力なコネか、かなり優秀な成績、のどちらかしかなく、
やはり、ハンデがあるのでした。
今の時代はわかりませんが、
きっと七条は頑張って、
優秀な成績で試験を突破し、採用されたのでしょう。



聡美さん、支給額がテレビで映っていましたが、
高校生と中学生の子供、要介護の親と、
抱えているので、それなりの額を支給されています。
働かなくともいいくらいですが、
そこはドラマの設定上、
真面目で頑張り屋の母親、ということでしょう。

時代は異なりますが、
収入は、私が中学生の頃の家計の約2.5倍です・・。
10アンペアの電気料金で細々と暮らし、
塾へも行けず、学校の教科書と
市販の問題集で受験を乗り切りました。
当時の神奈川県に存在していた、
中2で受ける「ア・テスト」も受けておらず、
中3の途中で転校してきたので、
内申重視の神奈川方式には不慣れで手こずりました。
また、勉強より、家事をやれ、ということで、
学校から帰宅したら、掃除、洗濯、ご飯作りをしていました。
夜、勉強しようとしたら、
会社勤めに不慣れで20年ぶりくらいに勤めた母は、
長年独身の古参の女性からイジメを受けており、
毎晩のように泣き、
よしよしとなだめ、話を聞いていました。
もう、勉強どころではありません。
エアコンもなく、扇風機もつけず、
炊飯器を使用中の時は、ドライヤーも使えません。
勉強するときも、電気スタンドのみをつけて、
できるだけ電気代を浮かせて、
四畳半と六畳の2部屋の古い賃貸住宅で、
親子三人暮らしていました。
食事も質素で、ご飯とみそ汁と、漬物と魚か豆腐か納豆。
魚は、あじか、いわしで、
お肉や刺身なんてめったに食べられませんでした。
交通費も、徒歩で行けるところは徒歩で行き、
買い物は藤沢が便利なので、
東海道線の一駅分はよく歩きました。
片道40分かかりましたね。
自転車は、高校入学時にお祝いとしてようやく購入しました。

高校の時、奨学金をもらうために、
志望校を一つ下げるように云われ、
更に、家事全般をやるからと、
家から最も近い高校にしろ、
という事で更にランクを下げました・・。



貯金は、姉も浪人で大学受験を目指していたため、
姉の入学金や学費のためにとっておいたので、
母は、泣きながらも働きました。
そうした貧乏時代を思うと、
ドラマではありますが、また時代も異なりますが、
日下部家はかなり裕福に見えます。

時代は変わった・・ということにしておきますが、
今、税金を払う立場になりますと、
せっかく稼いでも、ごそっと税金で取られてしまい、
正直、生活は苦しいです。
その税金から支給されているお金で、
「やれ、〇〇を買った」や「海外旅行」に行ってきた、
と自慢する患者さんには、正直、通報したろうか?と思います。

ほんと、税金取りすぎです!

さて、次回はシングルマザー。
長らく、母子家庭も誤解を受けてきました。
我が家もいろいろと中傷されてきました。
支給目的で、母子家庭と手続き上はしている、と。
いや、そもそも支給受けたことないし・・。

次回はそうした事情も絡んでくるのでしょうか?

でも、大部分のシングルマザーは、貧困と闘いながら、
体力や気力をすり減らして、懸命に生活を営んでいます。
頑張りすぎて、心身ともに病んで、職も失い、
虐待の疑いで児相に通報され、
診療所を受診、という女性も多いです。

何度も言いますが、
本当に頑張っている人々が
その頑張りを搾取されることなく、
頑張り代として還元されてほしいと切に願います。

第4回のお話です⇓⇓
健康で文化的な最低限度の生活第5回は扶養照会のお話です。第4回はリスク考慮の人生設計を、でした。

TBS系列火曜ドラマの第3回の記事です⇓⇓⇓
義母と娘のブルース第4回は亜希子と良一の結婚の目的がみゆき目線でわかる?第3回の感想はあっぱれ亜希子さん、ママ友できた。

日テレ系列水曜ドラマの第3回の記事です⇓⇓⇓
高嶺の花第4回はついにももの正体が直人にわかる?第3回の感想は、なな覚醒。

TBS系列金曜ドラマの第3回の記事です⇓⇓⇓
チア☆ダン第4回はまずは真似から始めてみよう!第3回の感想は今の自分をよく知ろう、でした。

NHK金曜ドラマの第2回です⇓⇓
透明なゆりかご第3回、強く怒る人には悲しみがある?第2回は母性の正体についての一つの考察、でした

日テレ系土曜ドラマ第3回の記事です⇓⇓
サバイバル・ウエディング第4回はついに30歳になったさやか!第3回は王子は本当に御曹司でした。

TBS系列日曜ドラマの第3回の記事です⇓⇓
この世界の片隅に第4回は、友情を育むその女性は?第3回は女性達の個性が各々素晴らしい!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

関連記事

  1. ケンカツ2 健康で文化的な最低限度の生活第2回は、不正受給の問題に迫ります。…
  2. 三つの窓 きみが心に棲みついた第4回の感想と第5回は?原作読みました~今ク…
  3. チアダン8 チア☆ダン第8回いよいよ正念場の夏が来ます。しかし汐里が?第7回…
  4. 高嶺の花6 高嶺の花第6回はもも、ぷーさんを捨てる?第5回はその話は真実です…
  5. 高嶺の花7 高嶺の花第7回は波乱万丈の第2章スタート!第6回はぷーさんは笑顔…
  6. IMG_2146 花のち晴れ〜花男 Next Season〜第9回はどこまで話を進…
  7. 片隅0 「この世界の片隅に」出演者キャスト一覧 7月15日(日)TBS系…
  8. サバイバルウエディング3 サバイバル・ウエディング第3回はさやか、メタモルフォーゼ!第2回…

カテゴリー

人気記事一覧

  1. あじさいのプロムナード
  2. スケート靴と花
  3. トロフィー
  4. 資格勉強
  5. スケート道
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PAGE TOP