健康で文化的な最低限度の生活第10回(最終回)は子供の命と尊厳を守れるか?第9回ラスボス?降臨の母親登場でした。

ケンカツ10

スポンサーリンク

健康で文化的な最低限度の生活」第10回(最終回)は9月18日(火)午後9時からフジテレビ系列で放送です。
主要キャストの紹介はこちらからどうぞ⇓⇓⇓
「健康で文化的な最低限度の生活」主要キャスト紹介、フジ系火曜7月17日から午後9時放送

最終回に相応しい、ゲストの登場とお話ですね。
しもべの様なチンピラ風の男を従え、
毒を吐きまくり乗り込んでくる梓の姿は、
波乱の展開を予想させるもので次週に続く、となりました。
今年に入ってからも、
実の親による虐待のニュースが後を絶ちません。
救いは、ハルカちゃんが自らの意思で
行動を起こせる年齢であることと、
子どもながらも、
聡明さを既に身に着けていること、
やはり主人公のえみると
東区生活課の面々の存在でしょう。
いつも穏やかで温かくて、飄々としていて、
それでいて見えないバリアがある半田の過去も
明らかになりました。
親になるという事、
親として子としての立場や関係・・。
今季のドラマでこのドラマと
同じ曜日の22時からの他局のドラマ
「義母と娘のブルース」
金曜日の22時からのドラマ
「透明なゆりかご」は偶然ですが、
リンクしています。
テーマは決して重なってはいませんが、
ある部分が繋がっていて、
改めて見返してみると、
より一層双方が楽しめて考えさせられるな、と思うのです。
麻里が置かれている環境は、
今まさに、「透明なゆりかご」の世界。
第7話のミカちゃんのお話を思い出します。
今週放送の第9話も、
子どもに関わるお話ですね。

梓と麻里は立場は対照的だし、
麻里にこそ、適切な援助と環境設定が必要だし、
かつての梓は麻里かもしれなかったし、
麻里も数年後には梓になりうる危険性もあります。
なので、梓もまた、
適切な援助を受けられなかった犠牲者、
かもしれません。

ハルカちゃんを救う、ということは
巡り巡って梓も救う事なのだと思います。
そして、麻里。
数年後の梓にならないように、
物理的にも精神的にも今、援助が必要です。

生きることは本当に大変ですが、
だからこその醍醐味があるのですよね。
このドラマを見ていると、
本当にそう感じます。
来週で最終回を迎えますが、
問題もケースも原作もまだまだ続きます。
いつかまた、その続きが見たいと願ういち視聴者です。



【第10回(最終回)のあらすじ】
生活保護受給者の祖母と一緒に暮らすハルカの元に
失踪した母親である梓が4年ぶりに姿を現しました。
梓は母の介護をしながらハルカを育てることを理由に、
自らも生活保護を申請します。
けれども、生活保護が決定すると、
母親を施設に預けて、
自分は再び家を空けて帰ってこないなど、
好き勝手にやりたい放題の日々を送っています。
一週間以上放置された娘のハルカは
孤独と空腹に耐えきれず、
えみるに助けを求めるのでした。
ハルカは児童相談所で一時保護されますが、
梓への連絡は一向につきません。
業を煮やしたえみるは、
梓の生活保護費を口座振り込みから
窓口支給に変更します。
支給日当日に、役所に乗り込んでくるであろう梓と
話し合いができると考えた末の決断でした。
案の定、男と連れ立って、大声を張り上げ、
えみるを呼び捨てで連呼しながら、
役所に乗り込んできた梓です。
約束通りに生活保護を支払うように、
半ば脅迫めいた口調でえみるに命令します。
娘のハルカの心配などそっちのけで、
お金のことに執着する梓に、
えみるも怒り爆発寸前となります。
えみるが、ハルカは児童相談所で一時保護され、
いずれは養護施設への入所も検討されている事を
梓に告げると、梓は血相を変えて
「施設に預けるきなどない!」と断固拒否します。
挙句、更に激昂した梓と連れの男は、
暴力に訴え出てしまい、
半田と京極が何とか押さえるという
事態になってしまうのでした。
ハルカの一番を考え、
母親から引き離すべきと考えたえみるは、
日を改めて梓を訪ね、再び対峙します。
しかし、
ハルカの口からは思いもよらぬ言葉が出てくるのでした。
其のころ、阿久沢の娘の麻里は、
いまだ子どもを産むか否か迷っていました。
阿久沢は命を大事にして欲しいと願う反面、
離れていた17年間の負い目もあり、
何と言っていいかわかりません。
やがて麻里は、
「先生、まだ間に合いますよね」と、
ある決意を固めるのでした。
今、守るべき2つの小さな命。
えみるたちの
ケースワーカーとしての真価が問われようとしています。
(引用元:「健康で文化的な最低限度の生活」公式サイトより)

健康で文化的な最低限度の生活第9回少女の未来と搾取する親。第8回は人生が続く限り共に向き合おう、でした。

【第9回】
最終回にむけてのラスボス登場の回です。
職場にもこうした患者さんは多いです。
実際に、専門職のスタッフが暴行を受けたことも、
ストーカーに遭ったこともあります。
役所の職員も暴行を受けた、
と時折ニュースになりますね。
だからといって、
どうしようもない、では済ませられません。
確かに、行った行為は許されるものではありませんが、
行った方にも事情があり、
次回は主に、
子供のハルカちゃんを救うべく奮闘するようですが、
ハルカちゃんの母親である梓にも、
救いの手があるといいと思います。
生きることはサバイバルでもあるので
全てが万事、順風満帆とはいきません。
弱さ、卑劣さ、不遇なこともあります。
だってそれが「にんげんだもの」なんですから。



半田の過去も明らかになりました。
理想に燃える熱血なタイプだったのですね。
人の人生がかかっている仕事ですから、
責任重大です。
本当に必要なことを淡々とかつ粛々とこなしていく・・。
これに尽きますね。
それにしても、このドラマに出てくる
東区生活課の人たちは、
本当によく働き、よく考え、人を思う、
素晴らしい人揃いです。
現実のお役所の職員も、
こうした人たちだったらいいのにね。
でも、現実は「障碍者雇用の水増し」など
ひどい有様です。

また人を救う立場である
「医者」や「カウンセラー」に
サイコパス気質の人が多いそうです。
サイコパス気質の人すべてが、
そうだというわけではありませんが、
一度「利用」しようと関心を持たれてしまったら、
「搾取」しようとあれこれ策を巡らす人々ですから、
コワイですね・・・。

次回最終回、えみるの仕事に対する真価が問われます!

TBS系列火曜22時ドラマの第9回です⇓⇓
義母と娘のブルース第10回(最終回)亜希子・みゆき・麦田・大樹の10年間の想いは原作をも超える?第9回は麦田告白する、でした。

NHK金曜ドラマ「透明なゆりかごの」の記事です⇓⇓
NHKドラマ10「透明なゆりかご」放送はNHK総合7月20日(金)午後10時から!

NHK金曜ドラマ「透明なゆりかごの」の第9回です⇓⇓
透明なゆりかご第10回(最終回)は7日間の命の記憶。第9回は共に歩んでずっとそばに、でした。

日テレ系列土曜22時のドラマの第9回です⇓⇓
サバイバル・ウエディング第10回(最終回)は仕事も続け結婚もして欲しい。第9回は宇佐美はほぼ仕事人間、でした。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

関連記事

  1. 三つ編玉 きみが心に棲みついた第7回の感想と第8回は?支配と尊重の違い~今…
  2. 義母と娘4 義母と娘のブルース第4回は亜希子と良一の結婚の目的がみゆき目線で…
  3. チアダン2 チア☆ダン、第2回で8人が揃う?第1回は「福井に行こっせ!」と映…
  4. ケンカツ7 健康で文化的な最低限度の生活第7回は頭脳明晰と共感能力。第6回は…
  5. 高嶺の花10 高嶺の花第10回(最終回)はももが継ぎななは一切を失う?第9回傷…
  6. 高嶺の花7 高嶺の花第7回は波乱万丈の第2章スタート!第6回はぷーさんは笑顔…
  7. 高嶺の花4 高嶺の花第4回はついにももの正体が直人にわかる?第3回は、なな覚…
  8. 猫と犬 くつろぎ anone(あのね)第7回の感想と第8回へ。母と娘の気持ちが行っ…

カテゴリー

人気記事一覧

  1. 申請する
  2. IMG_2519
  3. 湘南テラスモールピクニックテラス
  4. 芝さくら富士山
  5. IMG_3922
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PAGE TOP