片山津温泉~柴山潟にある江戸時代に発見された温泉~小松空港の近くで便利

片山津温泉

スポンサーリンク

【片山津温泉】

片山津温泉(かたやまづおんせん)は、
石川県加賀市(旧国加賀国)にある温泉です。
温泉街は柴山潟の一部を
埋め立てられて作られています。
加賀温泉郷のひとつで、
北陸を代表する歓楽温泉として
知られています。
また、片山津温泉の一帯は、
加賀市の町名にもなっています。

【所在地】
〒922-0414
石川県加賀市片山津町ツ71番地

【温泉の泉質】
ナトリウム・カルシウム塩化物泉。
含塩化類弱塩類泉
和倉温泉同様、
無色透明で塩分が非常に高いです。
【泉温(摂氏)】
72.5 ℃
【湧出量】
400リットル/分
【pH】
7.3
【液性の分類】
中性
【浸透圧の分類】
高張性

【温泉街】
旅館数11軒(観光協会公式サイトに記載の数)
ほどのこぢんまりした温泉街が、柴山潟南岸に見えます。
1980年代までは北陸有数の歓楽温泉として発展し、
大小30軒以上の観光旅館が林立していました。
1990年代以降の宿泊客の減少もあり、
次々に廃業に追い込まれました。
尚、ここ数年になって、
廃業等の宿泊施設を買収して
再生させる「格安観光旅館」の進出が著しく、
湯快リゾートが4件、
大江戸温泉物語が3件の物件を管理しています。
2017年7月現在、
旅館は大型ホテルの別館含め
11軒ほどとなっています。



なお、湯の元公園の近くに温泉配湯所があります。
寝殿造りの大きな三角屋根が目印です。
無料の足湯があります。
<温泉配湯所方面>
片山津温泉・温泉配湯所方面

この温泉配湯所付近には、
日帰り温泉施設の「総湯」があります。
1階が温泉で2階がカフェとなっております。
【営業時間】
1階: 公衆浴場[温泉] 午前6時~午後10時
2階: カフェ 午前10時~午後5時
休館日 無休(臨時休館あり)※まちカフェは木曜定休日

【駐車場】
50台

【入浴料】
大人(12歳以上):440円
中人(6歳以上12歳未満):130円
小人(3歳以上6歳未満):50円
乳幼児(3歳未満):無料
※その他、定期利用券・期間利用券・回数券などあり。

公式サイト⇓⇓⇓
加賀片山津温泉 総湯

観光協会の公式サイト⇓⇓⇓
片山津温泉観光協会公式サイト

【花火】(動画)
花火大会とは別の日に
10分~15分程度の打ち上げ花火があります。

【歴史】
【江戸時代】
発見は江戸時代の承応2年(1653年)に遡ります。
当時この地を治めていた
大聖寺藩二代藩主である前田利明公が
加賀三湖の一つ「柴山潟」に
鷹狩りに訪れた際、
水面に水鳥が群れていたことから
湖底の温泉を発見したと伝えられます。
前田利明公はこの温泉を利用しようと、
藩費で何度も工事を行いましたがいずれも難航。
その後幾人もの手によって
温泉開発の試みは続けられましたが、
水中にある湯源を確保するまでには到りませんでした。

【明治から昭和】
1876年(明治9年)、
柴山潟で使用松材三万本、
埋め立て面積一町歩(約1ヘクタール)に及ぶ
大規模な埋め立て工事が行われました。
その結果つくられた人工島に
湖岸から橋が架けられ、
ようやく人々が温泉入浴できるようになりました。
翌年の1877年(明治10年)、
片山津最初の温泉旅館が開業します。
以後形成された温泉街には
明治・大正・昭和と多くの湯治客が訪れ、
日本社会の近代化と歩みとともに、
大きく発展していきます。

【平成~そして令和へ】
北陸最大級の山代温泉と同じく
加賀温泉駅を最寄り駅が最寄り駅です。
京阪神や中京からの団体旅行客を主な客層として、
山代、そして山中温泉と共に
歓楽温泉として発展を遂げていきました。
全盛期の1980年には
151万人の温泉客が訪れました。
その年には北陸自動車道も開通しています。
けれども、バブル崩壊後による消費低迷や
円高による海外旅行の増加、
団体客から個人客へのニーズ変化とそ
の対応の遅れなどで低迷してしまい、
2007年には32万人にまで
落ち込んでしまいました。
現在、柴山潟の花火打ち上げや噴水、
サイクリングロード整備によるレジャー開発、
また「中谷宇吉郎雪の科学館」の建設、
総湯の新設などで巻き返しを図っています。



【交通アクセス】
【鉄道】
JR北陸本線「加賀温泉」駅からタクシーで約10分。
ちなみに最も近い駅は「動橋」駅です。
ただし普通列車のみ停車です。

【車】
北陸自動車道「片山津IC」より車で約7分⇒
石川県道20号小松加賀線、
石川県道39号山中伊切線経由で約5分。

【飛行機】
「小松空港」より車で約20分

より詳しい交通アクセスは下記をご覧ください⇓⇓⇓
片山津温泉へのアクセス
(観光協会公式サイトより)

【柴山潟】

主に旧東谷奥村を水源とする
二級河川動橋川が流れ込み終え、
加賀市に存在しています。
承応年間に潟の中から
温泉が湧き出しているのが発見され
埋め立てが試みられたが果たせず明治時代になり、
ようやく端の方から埋め立てられ
片山津温泉として利用されました。
今江潟と同時期に干拓され約3分の1が残り、
潟から日本海に至る二級河川の新堀川は、
この時砂丘を切り開きできた放水路です。

<柴山潟>
柴山潟

【河川】
八日市川、
動橋川、
御橋川等から流れ込み、
新堀川から流れ出ています。

【周辺】
【片山津温泉】
【中谷宇吉郎雪の科学館】
地元出身者として西端の湖畔公園の水辺にあります。
【浮御堂】
湯の元公園の水辺にあります。

【加賀三湖】
加賀三湖(かがさんこ)は、
石川県南部の小松市、
加賀市に点在する三つの潟湖である、
今江潟・木場潟・柴山潟の総称です。
江沼郡はこの三湖と近隣の川に由来しています。
今江潟の全面と柴山潟の約6割は、
1952年から1969年にかけて
干拓され、主に農地として利用されています。

干拓以前は梯川から加賀三湖、
動橋川は自然の水路としてもつながり、
至近の大聖寺川まで約3kmの陸路を経て、
現在の石川県と福井県の県境である
大聖寺川河口に至るまで、
船での移動が出来たと言われています。

周辺の歴史的史跡⇓
浅井畷の古戦場

朝倉義景の墓~義景清水~孤独を纏う朝倉家最後の当主・戦よりも芸事と内政が得意

一乗谷館跡と朝倉氏~一乗谷朝倉氏遺跡・国の三重指定、103年間の栄華の跡

今江城~加賀一向一揆出陣の城~時を経て織田軍との対戦し、落城する

鳥越城跡と二曲城跡~加賀一向一揆の終焉の地~金板片がでた!

小松城

白川郷合掌造り集落~世界遺産・日本の原風景~行き方や展望台、ライトアップの情報など

白山白川郷ホワイトロード~滝がいっぱい!秘境の温泉~絶景なる峡谷!!2019/11/10まで指定の温泉泊で片道無料!

白山比咩神社~創建2100年超の大社~一向一揆で衰退するも江戸時代に復活し今に至る

獅子吼高原~白山手取川ジオパーク~手取川の流れから日本海まで見渡せる場所

越前大野城址~雲海に浮かぶ天空の城~一向一揆平定の恩賞として金森長近が築城

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

関連記事

  1. 吉野 脳天大神・吉野~奈良旅⑫
  2. 名もなき池 モネの池 名もなき池~モネの池~行き方とお勧めな時間帯など、動画あり
  3. 浜離宮恩賜庭園 浜離宮恩賜庭園~江戸とTOKYOの融合~攻略法・行き方、画像あり…
  4. 自販機遠景 なつい!自動販売機があります~相模原B級すぽっと~
  5. 仕事モード 電気スタンド購入しました!ikasusLEDデスクライト多機能3…
  6. 常泉寺 常泉寺「花のお寺」「かっぱの寺」2~4代徳川将軍に仕えた中根正盛…
  7. 婦人科採血 子宮腺筋症の根本治療について~婦人科へ行ってきました~
  8. ふれあいの森 ふれあいの森~大和市・引地川~バーベキューや川遊びができます!

カテゴリー

人気記事一覧

  1. 北畠神社
  2. 高嶺の花0
  3. チアダン5
  4. 宮沢賢治記念館
  5. 匂い消し
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PAGE TOP