犬吠埼と犬吠埼灯台です~銚子へ行ってまいりました。


スポンサーリンク

犬吠埼
犬吠埼(いぬぼうさき)は、
関東平野の最東端に位置する銚子半島の太平洋に突出する岬です。
千葉県銚子市の利根川の河口に近くにあり
付近一帯は水郷筑波国定公園に含まれる景勝地で、
風光明媚な海岸線はかつて数々の文人、墨客が訪れ、
高浜虚子、国木田独歩、佐藤春夫などの歌碑、詩碑が立っています。
沿岸には遊歩道が設けられており、
日本の渚百選にも選ばれた君ヶ浜(君ヶ浜しおさい公園)があり、
国土地理院では君ヶ浜(東経140度52分21秒)を
関東および千葉県の最東端としています。
IMG_2785

富士山のような高地や離島を除く日本国内で、元旦の初日の出が一番早く
拝める場所として知られています。

地学好きの方にはたまらない、
「犬吠埼の白亜紀浅海堆積物」より「砂岩泥岩互層」が、
2002年に国の天然記念物として指定されました。

また2007年には日本の地質百選にも選定されています。
一部は遊歩道上から間近に観察することが可能です。
IMG_2798

ちなみに、白亜紀(はくあき)とは、
地球の地質時代の一つで、
約1億4500万年前から6600万年前の年代です。
ジュラ紀に続く時代であり中生代の終わりの時代でもあります。
温暖で湿潤な気候が続き、
植物は、主流であった原始的な裸子植物やシダなどが減少し、
被子植物が主流となって進化、繁栄を遂げた時代です。
スギなどの針葉樹は現代と同じ形まで進化し、
イチジク、スズカケノキ、モクレンなどが
現在とほぼ同じ形となったそうです。
地上動物は、恐竜の全盛期でしたが、白亜紀末期にはその多くが姿を消し、
鳥類も、現在の種類以外は殆ど絶滅したそうです。
一方哺乳類は、この時代に大きく進化を遂げ、
胎生を持つようになり、
また、有袋類及び有胎盤類への分化を遂げた年代でもありました。
地質学的には、パンゲア大陸は完全に分裂し、
配置は異なるものの、現在ある大陸と同じ構成になっていきました。
(参考:ウキペディアより)



地球が新しいステージへの脱皮を図った時代であったのですね。

なお、犬吠埼は崩落の危険性が指摘され、
現在、亀裂に伴い周辺に防護柵が設置され、
遊歩道が一部通行止めになっております。

犬吠埼灯台(いぬぼうさきとうだい)
公開:午前8時30分から午後4時
休業:無休
「世界の灯台100選」及び「日本の灯台50選」にも選ばれています。
国の登録有形文化財にも指定されています。
IMG_2786

所在地:〒288-0012 千葉県銚子市犬吠埼9576

大人:200円
その他:小学生以下無料
IMG_2791

犬吠埼灯台の概要です⇓⇓
IMG_2802

無料駐車場は、灯台の下や君ヶ浜にありますが、
灯台前まで数台分のスペースがあるので、
灯台前まで車で行くことは可能です。

白いポストです⇓⇓
IMG_2790

灯台の階段は99段あります。
IMG_2803

99段上った先のラストの階段
IMG_2805

灯台の展望台からの風景です(銚子ポートタワーが見えます)⇓⇓
IMG_2797

灯台からの風景<その2>です⇓⇓
IMG_2793

犬吠埼灯台のマスコット⇓⇓⇓
IMG_2809

資料館に展示されている、
大正11年から平成19年まで使用された
国産第一号大型一等レンズです⇓⇓
IMG_2806

お昼ご飯は、犬吠埼灯台の目の前の
「なぎさや」さんで食べました。事前に食券を購入します。
「犬」吠埼だけに、わんちゃんと一緒に食事が出来て、
ワンちゃんルームもあるそうです。
公式サイトはこちらから⇓⇓
なぎさや

なぎさ屋さんのテーブル席から見える犬吠埼灯台です⇓⇓
IMG_2811

銚子市では観光客のために以下の無料駐車場を設置しているそうです。
犬吠埼地区では以下の通りです。

君ケ浜しおさい公園無料駐車場
住所: 銚子市君ケ浜8853-3
利用可能台数: 約156台

君ケ浜灯台下広場
住所: 銚子市君ケ浜
利用可能台数: 150台

そのあたりの風景です⇓⇓
IMG_2799

君ケ浜自由広場
住所:銚子市君ケ浜
利用可能台数:120台 大型バス駐車可

宿泊施設及び日帰り温泉施設もあります。



宿泊及び日帰り温泉
<犬吠埼観光ホテル 潮の湯温泉 日帰り>
午後0時から午後8時(午後9時退館)
大浴場
【平日】 大人1000円・子供600円
【土日祝祭日】 大人1200円・子供800円
泉質:ナトリウム・カルシウム塩化温泉

犬吠埼温泉元湯黒潮の湯> 1200円(タオル付)
日帰り入浴の方
午前9時から午後10時(最終受付:午後9時30分)
(木曜のみ午前11時から)
平日      大人1,200円  
小人(小学生以下)  800円(税込)
土・日・祝日  大人1,500円 
小人(小学生以下)1,000円(税込)
泉質;ナトリウム-塩化物強塩温泉「肌美人の塩湯」

地球の丸く見える丘展望館>(目印は駐車場の位置です)

所在地:〒288-0024 千葉県銚子市天王台1421-1

公開:午前9時から午後6時30分(10月から3月は午前9時から午後5時30分)
休業:年中無休
(1)銚子電鉄犬吠駅から徒歩で15分
(2)銚子駅から千葉交通バスで(長崎・国民宿舎行き)
渡海神社から徒歩で7分
大人:高校生以上380円・小中学生200円・65歳以上330円 団体割引あり
盲導犬の受け入れ:OK
車椅子対応トイレ:OK

銚子方面・日帰りの旅の総括です⇓⇓
銚子方面・日帰りの旅に行ってまいりました!

2000年以上の歴史がある猿田神社の記事です⇓⇓⇓
猿田神社(さるたじんじゃ)参拝~銚子へ行ってまいりました。

銚子電鉄及び外川駅の記事です⇓⇓
銚子電鉄・外川駅の風景~銚子へ行ってまいりました。

銚子港付近とヒゲタしょうゆ工場の見学の記事です⇓⇓
ヒゲタしょうゆ工場見学と銚子港付近~銚子へ行ってまいりました。

茨城県にある「東国三社」の一つ、息栖神社の記事です⇓⇓
息栖神社~銚子へ行ってまいりました。

千葉県香取市にある佐原の町並みの記事です⇓⇓
佐原の町並みと歴史と舟めぐり~銚子へ行ってまいりました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

関連記事

  1. 飛不動 飛不動に行ってきました~都内飛行関係お参り~
  2. 宮ケ瀬ダム放流 宮ヶ瀬ダム・観光放流及びインクライン(ともに動画あり)と遊覧船。…
  3. 長谷寺~もうひとつの鎌倉あじさいめぐり~
  4. 薬師池 町田薬師池公園 四季彩の杜 薬師池~1年中楽しめる自然豊かな公園…
  5. 宮ヶ瀬湖畔パーク・鳥居原での過ごし方とオギノパン
  6. IMG_2820 ヒゲタしょうゆ工場見学と銚子港付近~銚子へ行ってまいりました。
  7. IMG_3061 横浜市電保存館~夏休みの自由研究でも、電車好きの方にもおススメで…
  8. IMG_3940 六義園に行きました、紅葉&ライトアップ始まる!攻略法・行き方、画…

カテゴリー

人気記事一覧

  1. 3つの塔
  2. 透明なゆりかご3
  3. スケート光
  4. IMG_2593
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PAGE TOP