菅谷館跡と鶴ヶ峰・二俣川の古戦場散策~畠山重忠公の足跡を訪ねて。

IMG_3371aa

スポンサーリンク

武蔵御嶽神社に詣でた際、
畠山重忠公の像があったので、とても気になりゆかりの地へ行ってみました。
⇓⇓⇓
武蔵御嶽神社を訪ねて・行き方、現地画像あり~青梅に行ってきました。

簡単に畠山重忠公について説明いたします。
【畠山重忠(はたけやましげただ)】
IMG_3420

畠山重忠は長寛(ちょうかん)2年(1164年)に畠山重能(しげよし)の
次男として畠山(深谷市)で生まれたと伝わっています。
文治(ぶんじ)3年(1187年)には、 菅谷館に移り住みました。
重忠は、源頼朝の挙兵に対して当初は敵対していましたが、
その後臣従して治承・寿永の乱(じしょう・じゅえいのらん)で活躍し、
宇治川の合戦、一の谷の合戦、奥州攻めなどで功績をあげ、
鎌倉幕府の有力御家人となりました。
(埼玉県県立嵐山史跡の博物館より)
IMG_3399

文武両道の武将として常に先陣を務め、
武勇の誉れ高く、その清廉潔白な人柄で
「坂東武士の鑑」と称された程の人物であったと伝わっています。
(埼玉県県立嵐山史跡の博物館より)
IMG_3398

武蔵国進出を目論んでいた北条時政にとっては、、
すなわち、武蔵国武士団の棟梁である重忠の勢力圏への進入であり、
重忠の存在自体が、時政にとっては次第に邪魔なものになっていきました。
そして頼朝の死後、幕府の実権を握った時政の謀略によって、
謀反の疑いをかけられ、
元久2年(げんきゅう)(1205年)、二俣川にて、
子どもと共に討たれ、42歳の生涯を閉じました。

【菅谷館跡(すがややかたあと】
IMG_3394

場所は、埼玉県比企郡嵐山町にあり、現在は館跡の一角に、
埼玉県立嵐山史跡の博物館が建っています。
現在残されている城跡は、実は戦国時代のものであり、
山内上杉氏(やまのうちうえすぎ)と
扇谷上杉氏(おうぎがやつうえすぎ)が争った
長享(ちょうきょう)年中の大乱(1487~1505年)の中で
再整備されたものであると伝わっています。
面積は約13万㎡(東京ドーム3個分)の広さがあり、
昭和48年(1973年)に国の史跡に指定されました。
更に平成20年(2008年)には、
「比企郡城館後 菅谷館跡(ひきぐんじょうかんあとぐん すがやかやたあと)」に
名称が変更されました。
(埼玉県県立嵐山史跡の博物館より)

菅谷館跡の構造ですが、
本郭(ほんくるわ)を取り囲むように、
ニノ郭、三ノ郭、西ノ郭、南郭が配置されています。
各郭は、深い空堀と高い土塁で囲まれており、
容易には攻め込まれない造りとなっています。
IMG_3400

ニノ郭には、畠山重忠公の像があります。
これは、昭和4年に地元の有志のみなさんによって、
建てられました。
竹を芯にした「竹筋コンクリート」製です。
直垂(ひたたれ)をまとい、烏帽子(えぼし)をつけた、
鎌倉武士の正装の姿で、鎌倉の方角を向いて立っております。
⇓⇓⇓
IMG_3402

【鶴ヶ峰・二俣川古戦場(つるがみね・ふたまたがわこせんじょう)】
重忠は鎌倉に騒ぎがあると聞き、
6月19日に菅谷館を出発し、
同月22日の午後、鶴ヶ峰・二俣川で討伐軍に遭遇しました。
鶴ヶ峰・二俣川の古戦場は、
現在の所在地は、横浜市旭区にあり厚木街道沿いの
「鶴ヶ峰駅入り口」交差点の傍にあります。
IMG_3432

また、古戦場には重忠公の碑が建立されております⇓
IMG_3438

更に、その碑の傍らには「さかさ矢竹」があります⇓⇓
IMG_3439

重忠が率いていたのは二男の重秀以下130~40騎程度に過ぎませんでした。
嫡子の重保が殺された事、
自分に追討軍が差し向けられた事を二俣川で初めて知った重忠は、
館へ退くことはせず潔く戦う事が武士の本懐であるとして
大軍を迎え撃つ決断を下したそうです。
そこへかつての旧友安達景盛と主従七騎が先陣を切って突入し、
義時の大軍と少数の兵で応戦する重忠主従との激戦が
4時間余り繰り広げられたのち、
重忠は愛甲季隆の放った矢に討たれ、
首級を取られてしまいました(享年42)。
重忠の正室は足利義純に再嫁して
義純が畠山氏の名跡を継いだ事により、
平姓秩父氏の畠山氏は滅亡しました。



畠山重忠公産湯の井戸
(畠山重忠公史跡公園(埼玉県深谷市畠山))
IMG_3422

畠山重忠公首塚(横浜市旭区鶴ヶ峰駅近く)
IMG_3424

墓所(畠山重忠公史跡公園(埼玉県深谷市畠山))
IMG_3421

さて、鶴ヶ峰にある重忠公の史跡は、
電車と徒歩で見て散策することができます。
ということで行ってきました!
相鉄線・鶴ヶ峰駅(北口)⇓⇓
IMG_3483

改札を出て階段を降りて、そのまま、まっすぐ商店街のアーケードをくぐります⇓⇓
IMG_3482

①首塚
道なりに歩き、小道を左に曲がり、坂を下るとです(徒歩7分程度)⇓
IMG_3423

②鎧の渡し・首洗い井戸(①から徒歩1分)
IMG_3425

首洗い井戸
IMG_3426

鎧の渡し
IMG_3427

③鶴ヶ峰・二俣川古戦場跡&重忠公碑&さかさ矢竹(②から徒歩2分)
IMG_3435

鶴ヶ峰・二俣川古戦場跡&重忠公碑
IMG_3433

さかさ矢竹
IMG_3434

④古戦場矢畑・腰巻(③から徒歩8分)
放たれた矢が無数に地面にささり、
その光景がまるで矢を育てる畑のようであったことが由来です。
更に、重忠公に対してその矢が、ぐるりと突き刺さり、
あるいは北条勢が、取り囲んだ光景がまるで腰巻のようであったことから
いつしかこの名がついたそうです。
IMG_3442

歩道が、人ひとりがやっと通れるくらいの狭さです。
その狭い歩道を自転車が多く通行していきます。

⑤六ツ塚(薬王寺)(④から徒歩8分)
IMG_3443

説明の看板
IMG_3445

六ツ塚
IMG_3451

⑦すずり石水(⑥から徒歩3分)
下り坂です。
住宅街ですが、地形は谷戸でその底の部分です。
IMG_3455

⑧駕籠塚(かごつか)(⑦から徒歩13分)
重忠公の内室「菊の前」の墓所と伝わるそうです。
重忠戦死の知らせを受けて籠に乗ったまま自害し、
籠(駕籠)ごと埋葬されたと伝わります。
昭和30年に今の場所へ移されました。
以前は後ろにある浄水場の中にあったそうです。
IMG_3457

駕籠塚
IMG_3458

駕籠塚付近からの眺め
IMG_3466

実は「すずり石水」から「駕籠塚」に向かう際、道に迷ってしまいました。
ナビも起動させていたのですが、
「すずり石水」は住宅街の谷底で、
「駕籠塚」は付近の眺めからも察することが出来るように山の上なので、
「すずり石水」は付近ではナビも狂いがちです。
従いまして、「駕籠塚」の近くにある
「鶴ヶ峯神社」を目指しながらいくとわかりやすいかもしれません。
IMG_3468
「鶴ヶ峯神社」からやや南東方向徒歩30秒のところに「駕籠塚」はあります。



鶴ヶ峰駅までは徒歩14分程。
ひたすら坂を下がります。
目印です。
逆に駅から「駕籠塚」を目指す際には役立つと思います。
IMG_3470

更に下がって左に曲がると・・・・
IMG_3471

この看板の住所です。
IMG_3473

看板付近を右に曲がり、更に下がります。
狭いですが、交通量はあります。
更に下がると、下の交差点に出ます。
IMG_3474

まっすぐに進みます。
横断歩道を渡るとやがて、この交差点に差し掛かります。
IMG_3478

ちなみにこの道はこう呼ばれています。
IMG_3477

埼玉から鎌倉へと続く道なのです。
見覚えありませんか?
右方面を見ると・・・
IMG_3429

重忠公が通ってきた道なのですね・・・。

①から⑧まで歩く時間だけで56分で、撮影なども合わせると、
1時間15分程でした。
トイレなどは、予め駅周辺で済ませると良いと思います。
ペットボトルなどを持参して
水分補給をしながら巡ると良いと思います。
コンクリートだらけで、
よく晴れた日だと、その照り返しで結構日に焼けますし、
水分も失われます。

ちなみに鶴ヶ峰駅周辺は、狭く、平らで広い場所がなく、
バスターミナルはやや離れたところにあります。
IMG_3485

横浜市の住宅街の一角に、
800年以上も前の鎌倉時代初期の武将の足跡が
今も残されていることに感心しました。

神奈川県には埋もれた歴史の足跡が
実は多くあるのです。

埼玉県もまた、然りです。

また、時間が出来たら、散策してみたいと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

関連記事

  1. バラの階段 市立相模原北公園~ばらも見事です~紫陽花と菖蒲とラベンダーも。
  2. 宮ケ瀬ダム放流 宮ヶ瀬ダム・観光放流及びインクライン(ともに動画あり)と遊覧船。…
  3. IMG_2459 箸墓古墳~奈良旅⑥
  4. 御霊神社前 御霊神社・江ノ電の動画付き~もうひとつの鎌倉あじさいめぐり~
  5. IMG_3565 地下鉄博物館(ちかはく)に行ってきました!画像・動画あり。
  6. 花火 川 2018年あつぎ鮎まつり大花火大会、行き方や見る場所、有料席や駐…
  7. 水無月園9 水無月園(県立相模原公園)の花菖蒲が見頃です!
  8. 水無月園6.5 水郷佐原あやめ祭り~佐原のお祭り、ハス祭り開催中!

カテゴリー

人気記事一覧

  1. 水無月園9
  2. IMG_2759
  3. チアダン6
  4. 芝さくら富士山
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PAGE TOP